Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

1件のパトロンと1件のプロジェクトオーナーになっています

  • 現在地:東京都
  • 出身地:静岡県

# 自己紹介
「VRを利用した観光誘致支援事業」に取り組んでいます!専用アプリでは、各スポットで撮影したVR(360°全方位)動画を楽しむことができ、スポットの営業時間やアクセス方法なども確認ができます。
VRアプリ(AppStore等で配布)と紙製VRゴーグル(実店舗等で配布)により、ネットとリアルのWプロモーションが実現できます!
VRの視聴をきっかけにして、「実際に現地に足を運んでいただき楽しんでもらいたい」「訪問前の予習としても使っていただきたい」「地域の活性化につなげたい」と考えております。
----
# 代表者プロフィール
JVM、PHP、VR系が好きなクリエイター兼エンジニア。リモートワーカー。サービスを作ることが好き。Web/VR/Live/AWS/Android/React [職歴] Cyberagent、GREE、起業や児童福祉等 [活動中]手書きVtuberでライブ配信!

自社製品・サービスの開発に携わりながら、技術書展の活動に参加する!

 プレイングマネージャー的に生きる。CTOよりもVPoEの人間です。サービスの質(ユーザ満足度)にこだわっていきたい。最近はスクラムが多いです。リモートワークもよく使っています。コミュニティ主体のスクラムとリモートは相性が悪いと思われがちですが、構成メンバーにもよると思いますので、育成・OJT込であればオンラインエディタなど利用したペアプロ・モブプロにするなど臨機応変にやっています。
 リーダーをやる際に意識していることは、メンバーが肩の力を抜いて仕事に取り組めるよう(犯人探しではなくコードの工夫を)、外部勉強会などいつでも参加できるよう、心理的安全性の瑕疵担保を心がけています。リーダーであっても手を動かしてコードを書き、それと同時に人の管理もすることで、メンバーとの信頼関係を築けるものだと思っています。
 偉そうなこと書いていますが、メンバーからもいっぱい教わります。やっぱり「上下」というより「横(仲間)」を意識したチーム作りが重要ですね。そういう意味でも技術書展等の活動に参加していくつもりです。

発達障害者のために世界で通用するプログラミング、デザインを学べる場所を創りたい

発達障害を抱えた人たちにプログラミング、デザインが学べる機会、場を提供し、就職を支援する施設を2016年6月に東京都渋谷区に開所・運営するための資金を集めています。

SUCCESS
現在5,530,000円
パトロン55人
残り終了