2018/10/29 01:59
ロンドンへ持って行く作品が着々と仕上がってきております。

その中から軸装の作品を少しご紹介します。

軸装は色々な種類の仕上げがありますが、今回は半紙に書いたので、仮巻きという仕上げにしました。

ただ、普通の仮巻きは紙の台紙なんですが、これはを使ったものなんです。

なので、タペストリーのように飾って頂ける仕上がりになっています。

和室に限らず、海外のお部屋にも合う仕上がりになったと思います。

それから、ご覧になって下さった方はお気付きかも知れませんが、字が白くて背景が黒になっています。
これは、白抜き剤というものを使って字を書き、その後裏面に黒い墨で背景を塗り潰したものなんです。
普段見慣れている『白い紙に黒い字』というものをひっくり返すと、また違った雰囲気になって面白いですね。

こうした遊び心も取り入れて、楽しく作品制作に取り組んでおります。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?