パレスチナのジャーナリストSameh Ahmed Enさんがイケメンすぎるのはさておき・・
明日のラジオに向けて、インタビューの答えをいただきました。

皆さんにシェアします!

サミールさんは翻訳家の奥さんと、以下のニュースサイトを運営しています。
http://www.palpress.net/

欧米メディアがイスラエル側よりなことで偏った報道が多い中、パレスチナの現在をオンラインで英語で読めるニュースソースは貴重です。サポートしたいです。

今回のインタビューに答えてくれたことの謝礼を、サミール・アハメッドさんにペイパルを通じて、謝礼を支払います。記事を読んでくれた方、今後もパレスチナからのレポートを読みたい方この書き込み下に、振込先を書いておくのでサポートをお願いします。
また、とっても簡単な翻訳で載せるので、翻訳をボランティアでやってくれる方がいたらお力貸してください。

パレスチナ支援の映画祭・アート展を企画しています。スタッフ・ボランティアとして関わりたい方がいたら教えてください。


7月6日はこのイベントで集合


7月8日は参加希望者に詳細伝えます


↓以下のオンラインサポーターになっていただけると日々の活動会議参加しやすいです。
パレスチナの方々に定期的に仕事を作りたいのです。
そして国際ロビー活動をアクションに加えます。
アイデアと具体的な仕事力と活動費のサポートを求めています。
https://camp-fire.jp/projects/view/101978

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パレスチナのジャーナリストSameh Ahmed Enさんから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まず、増山麗奈さんとご主人様に感謝します。

あなたがパレスチナ人を大事にしてくれてありがとう。それは私たちに命と平和への希望を与えてくれます。 私はあなたの作品が素晴らしく美しいことを見ました。あなたの成功を祈ります。

これはあなたが尋ねた質問に対する私の答えです。

Q:トランプがエルサレム大使館に転居した後、パレスチナ人の生活環境は変わりましたか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 国際的な抗議を無視して、それがイスラエルの首都としてエルサレムの認識のトランプの最も論争の的になる約束への道を切り開いて、それがテルアビブから動かされた後の巨大なメディア抗議の中で、米国は2018年5月14日にエルサレムにその大使館を開いた。

 エルサレムは首都ではなくパレスチナ首都ではなかったので、この動きはパレスチナ人からの憤慨を引き起こしました。

A:法と規範の国際的な合意に違法であるこのステップの結果として、Al-Aqsa Mosqueの尊厳を侵害している入植者の数。 これはイスラム教徒にとって神聖な場所ですが、増えています。 イスラエルの職業はモスクの下を掘っています、そしてそれは世界中のこのイスラム教徒のこの歴史的な聖地の一部の崩壊をもたらしました。

2018年3月、ガザのパレスチナ人は、1948年の戦争中に逃亡した、あるいは追放された難民の帰国を彼らの土地に要求するために「大帰還行進」を開始しました。 ガザ地区の居住者は、米国大使館の異動に反対して国境に集まり、(ここのStrip~の下りの意味わかる方いたら教えてください)

占領軍は民間人に対して最も強力な武器を使用し、それらを持続可能な障害の原因となった殺害された怪我を負ったジャーナリスト、女性または若者、さらには子供を区別せずに故意に直接それらを与えた。

ガザ保健省の統計によると、帰国行進での平和的参加者に対するイスラエル占領軍の攻撃により、殉教者の数は273人に達し、3467人の子供と1111人の女性を含む17,021人以上が負傷した。

Q:パレスチナの若者は十分な仕事を持っていますか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

A:パレスチナの若者の雇用創出と雇用について話す。 ここで若い人たちは高い失業に苦しんでいます。 卒業生の数は年々増加しており、イスラエルの封鎖の激化と不道徳な職業の慣行により、雇用機会の欠如の問題はパレスチナの社会に悪影響を及ぼす壊滅的な問題です。 パレスチナの失業率は約70%に達しており、その大部分は特にガザ地区で若者や卒業生です。


Q:パレスチナのお店には十分な食べ物がありますか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

A:店はイスラエルの封鎖と雇用機会の欠如のために大きな景気後退を経験しています。。 たとえ品物が見つかったとしても、特にパレスチナ自治政府の経済危機、パレスチナ自治政府からの米国の援助の削減、そしてUNRWAへの支援の削減とその運営のために、市民は家族の必需品を買うお金を持っていません。 難民の数はパレスチナの地元市場経済に大きな影響を与えました。

Q:パレスチナの子供たちは通学していますか? あなたは高校や大学に通う自由がありますか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

A:パレスチナでの教育について話して、パレスチナ人は学校に大きな注意を払い、それを社会に不可欠な要素として考えています。 小学校レベルはUNRWAの学校に入学することができ、現在は深刻な危機に瀕しており、パレスチナ政府の高校を閉鎖する恐れがあります。これもまた金融危機に苦しんでおり、パレスチナ政府は教師に給料を支払うことができません。 これらすべてが教育プロセスに悪影響を及ぼす。 ここ大学レベルでは、学生が自分のポケットから大学の授業料を支払わなければならないという大きな危機があります。そのため、多くの家族は子供たちにこれらの金額を手渡すことができず、彼らも彼らを支援できません。 彼らは時々このレベルを落とさなければならないこと。

Q:パレスチナの方々は日本人にどんな支援をもとめていますか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

A:私の視点でパレスチナ人が必要としている支援は、子供たちに注意を払い、子供たちに明るい未来を可能にする尊厳のある生活を提供することです。 パレスチナの大学生も、このような困難な状況のために学生が大学に行くための交通費を持っていないため、この支援を必要としています。若者も家族用品を買うことを可能にする仕事を見つけることを熱望するかもしれません

これが私の日本人へのメッセージです。

私自身のために私は私の仕事と私のジャーナリズム装置を発展させることを本当に望んでいます、そして私たちは真実を世界に伝えることができる統合チームになりたいです。
ここでの報道は、停電が仕事の継続に大きく影響することに加えて、多くの障害と支援の欠如、特に戦争と絶え間ない紛争の地で働くすべてのジャーナリストにとって重要な安全ツールに直面しています。 オブスタ

Thanks that you care for the Palestinians which gives us hope for life and peace. I saw your work it's wonderful and beautiful, I wish you success.

.And this is my answer to the questions you asked

Has the life conditions of Palestinian people changed after Trump's relocation to the embassy to Jerusalem?

Ignoring the international outcry, the United States opened its embassy in Jerusalem on 14 May 2018 amid a huge media outcry after it was moved from Tel Aviv, paving the way for Trump's most controversial promises of recognition of Jerusalem as the capital of Israel.

This move sparked outrage from Palestinians because Jerusalem has never been a capital but the Capital of Palestine.

As a result of this step, which is illegal to the international agreement of laws and norms, the number of settlers who are trespassing on the sanctity of the Al-Aqsa Mosque; which is a sacred place for Muslims, has increased. The Israeli occupation is digging beneath the mosque, which has led to the collapse of parts of this historical Holy place of Muslims all over the world.

In March 2018, Palestinians in Gaza launched "Grand Return Marches" to demand the return of refugees to their lands that they fled or were expelled during the 1948 war. Residents of the Gaza Strip rallied on the border against the transfer of the US Embassy and called on Israel to lift the 10-year-old blockade on the strip, which Israel says it imposes for security reasons.

The occupying army used the most powerful weapons against civilians and deliberately inflicted them directly without distinction between a journalist, a woman or a young man, even children, who were killed and sustained injuries that caused them a sustainable disability.

According to the statistics of the Gaza Ministry of Health, the number of martyrs has reached 273, and more than 17,021 people, including 3467 children and 1111 women, have been injured by the Israeli Occupation Forces' attack on peaceful participants in the Return Marches.

Do Palestinian youth have enough jobs?

Talking about job creation and jobs for young people in Palestine; young people here suffer from high unemployment. The number of graduates is increasing every year, and with the intensification of the Israeli blockade and the practices of immoral occupation, the problem of lack of employment opportunities is a catastrophic problem that negatively affects Palestinian society. The unemployment rate in Palestine has reached about 70%, the majority of whom are young people and graduates, especially in the Gaza Strip.

Is there enough food in the shops in Palestine?

The shops experience a major economic recession due to the Israeli blockade and lack of job opportunities. Even if the goods are found, the citizen does not have the money to buy his family's necessities, especially as the economic crisis in the Palestinian Authority, the cutting of US assistance from the Palestinian Authority, and the reduction of support to UNRWA and the operation of refugees have greatly affected the Palestinian local market economy.

Are Palestinian children attending school? Do you have the freedom to attend high school or university?

Talking about education in Palestine, the Palestinians give a great attention to school and consider it as an indispensable essentials to society. Primary level may be enrolled in UNRWA schools and are now experiencing a major crisis and threatening to close High Schools of the Palestinian government, which is also suffering from a financial crisis and the Palestinian government can't pay salaries to teachers; all this has a negative impact on the educational process. At the university level here we have a big crisis that the student has to pay the university fees from his own pocket so many families can't hand these amount of money to their children, they also can't find a support for them, so that they sometimes has to drop this level.

What kind support do you want to Japanese people?

The support that the Palestinian people need in my point of view is to pay attention to children and provide them with a dignified life that makes them capable to make a bright future . Palestinian universities students also need this support because sometimes the student does not have the fare to go to university due to these difficult circumstances, Young people may also aspire to find a job that will enable them to buy family supplies

This is my message to the Japanese people.

For my own person I really hope of developing my work and my journalistic equipment and we would like to be an integrated team that can convey the truth to the world.
The press here faces many obstacles and lack of support especially safety tools that are important for every journalist who works in the zone of wars and constant conflict, in addition to that the power outage greatly affect the continuation of work, I hope I could overcome these obstacles and realize the dream of the Palestinian people for freedom, independence and self-determination.

What do you want to tell the world through http://www.palpress.net?

When I graduated from college seven years ago, I didn't find a job coinciding with three successive wars, this is a major turning point in the current crisis. I decided to create a website in a personal effort after I marry my wife Kamilia; who got a bachelor's degree in English Language, we decided to work together so we can convey the truth and the suffering of the Palestinian people. Thanks God we had succeeded with simple and modest equipment despite all the difficulties in making a base of followers of 'Palestine News Network' and I started to feel the accomplishment and I convey the message of the oppressed people and the closest crimes of occupation.

What I want is to achieve peace and security, I dream to see Palestine as an independent country and we need the world to hear the voices of oppressed people over here.

PALPRESS reports that citizens have recently been arrested and slaughtered. Please tell me what kind of damage is caused by the Israeli army in 2019-2018?

The Israeli occupation this year has caused great damage to the Palestinian people in West Bank and Gaza Strip, where the statistics indicate that 451 Palestinians have been martyred since the proclamation of Donald Trump that Jerusalem is the capital of Israel in 6th of December, 2017.

72 martyrs have risen as a result of the Israeli shelling, in addition to eight prisoners in the occupation jails, martyrs of the return marches on the eastern border of the Gaza Strip, which began on 30th of May, 2018 ( Earth Day) as the Palestinians announced it, their number increased until the end of June 2019 to 273, including two journalists and four medical staff.

67 children were also martyred during the repression of the occupation for the ongoing major return to the Gaza Strip, and three embryos were killed in their mothers' Wombs during the Israeli occupation of Gaza.

Ten prisoners were martyred after being arrested by the occupying army, raising the martyrs of the captive movement from 1967 to 220.

In addition, the continued daily arrests of citizens in West Bank, the raiding of security houses in the middle of the night, the construction of settlements on Palestinian land, the destruction of homes and the displacement of families are daily practices committed by the occupation against safe civilians in their homes.

" I am a people who is burning love, and he is boasting of the decorations of Chrysanthemum and anemone on his chest and craft, and I will not let anyone take my right." Said the great Palestinian novelist and journalist , Ghassan Knafani (1936-1972), who martyred also in a bomb in his car by the Israeli forces.

My warm greetings to you and thank you very much.
We're always ready to communicate with you.

And here's my PayPal account link:

https://www.paypal.me/sameh1993

Regards;
Journalist Sameh

He gave us interview Question and nswer.

Palestine Jounalist Sameh Ahmed En
(He is So cool )
He gave us interview Question and Answer.

Thanks that you care for the Palestinians which gives us hope for life and peace. I saw your work it's wonderful and beautiful, I wish you success.

.And this is my answer to the questions you asked

Has the life conditions of Palestinian people changed after Trump's relocation to the embassy to Jerusalem?

Ignoring the international outcry, the United States opened its embassy in Jerusalem on 14 May 2018 amid a huge media outcry after it was moved from Tel Aviv, paving the way for Trump's most controversial promises of recognition of Jerusalem as the capital of Israel.

This move sparked outrage from Palestinians because Jerusalem has never been a capital but the Capital of Palestine.

As a result of this step, which is illegal to the international agreement of laws and norms, the number of settlers who are trespassing on the sanctity of the Al-Aqsa Mosque; which is a sacred place for Muslims, has increased. The Israeli occupation is digging beneath the mosque, which has led to the collapse of parts of this historical Holy place of Muslims all over the world.

In March 2018, Palestinians in Gaza launched "Grand Return Marches" to demand the return of refugees to their lands that they fled or were expelled during the 1948 war. Residents of the Gaza Strip rallied on the border against the transfer of the US Embassy and called on Israel to lift the 10-year-old blockade on the strip, which Israel says it imposes for security reasons.

The occupying army used the most powerful weapons against civilians and deliberately inflicted them directly without distinction between a journalist, a woman or a young man, even children, who were killed and sustained injuries that caused them a sustainable disability.

According to the statistics of the Gaza Ministry of Health, the number of martyrs has reached 273, and more than 17,021 people, including 3467 children and 1111 women, have been injured by the Israeli Occupation Forces' attack on peaceful participants in the Return Marches.

Do Palestinian youth have enough jobs?

Talking about job creation and jobs for young people in Palestine; young people here suffer from high unemployment. The number of graduates is increasing every year, and with the intensification of the Israeli blockade and the practices of immoral occupation, the problem of lack of employment opportunities is a catastrophic problem that negatively affects Palestinian society. The unemployment rate in Palestine has reached about 70%, the majority of whom are young people and graduates, especially in the Gaza Strip.

Is there enough food in the shops in Palestine?

The shops experience a major economic recession due to the Israeli blockade and lack of job opportunities. Even if the goods are found, the citizen does not have the money to buy his family's necessities, especially as the economic crisis in the Palestinian Authority, the cutting of US assistance from the Palestinian Authority, and the reduction of support to UNRWA and the operation of refugees have greatly affected the Palestinian local market economy.

Are Palestinian children attending school? Do you have the freedom to attend high school or university?

Talking about education in Palestine, the Palestinians give a great attention to school and consider it as an indispensable essentials to society. Primary level may be enrolled in UNRWA schools and are now experiencing a major crisis and threatening to close High Schools of the Palestinian government, which is also suffering from a financial crisis and the Palestinian government can't pay salaries to teachers; all this has a negative impact on the educational process. At the university level here we have a big crisis that the student has to pay the university fees from his own pocket so many families can't hand these amount of money to their children, they also can't find a support for them, so that they sometimes has to drop this level.

What kind support do you want to Japanese people?

The support that the Palestinian people need in my point of view is to pay attention to children and provide them with a dignified life that makes them capable to make a bright future . Palestinian universities students also need this support because sometimes the student does not have the fare to go to university due to these difficult circumstances, Young people may also aspire to find a job that will enable them to buy family supplies

This is my message to the Japanese people.

For my own person I really hope of developing my work and my journalistic equipment and we would like to be an integrated team that can convey the truth to the world.
The press here faces many obstacles and lack of support especially safety tools that are important for every journalist who works in the zone of wars and constant conflict, in addition to that the power outage greatly affect the continuation of work, I hope I could overcome these obstacles and realize the dream of the Palestinian people for freedom, independence and self-determination.

What do you want to tell the world through http://www.palpress.net?

When I graduated from college seven years ago, I didn't find a job coinciding with three successive wars, this is a major turning point in the current crisis. I decided to create a website in a personal effort after I marry my wife Kamilia; who got a bachelor's degree in English Language, we decided to work together so we can convey the truth and the suffering of the Palestinian people. Thanks God we had succeeded with simple and modest equipment despite all the difficulties in making a base of followers of 'Palestine News Network' and I started to feel the accomplishment and I convey the message of the oppressed people and the closest crimes of occupation.

What I want is to achieve peace and security, I dream to see Palestine as an independent country and we need the world to hear the voices of oppressed people over here.

PALPRESS reports that citizens have recently been arrested and slaughtered. Please tell me what kind of damage is caused by the Israeli army in 2019-2018?

The Israeli occupation this year has caused great damage to the Palestinian people in West Bank and Gaza Strip, where the statistics indicate that 451 Palestinians have been martyred since the proclamation of Donald Trump that Jerusalem is the capital of Israel in 6th of December, 2017.

72 martyrs have risen as a result of the Israeli shelling, in addition to eight prisoners in the occupation jails, martyrs of the return marches on the eastern border of the Gaza Strip, which began on 30th of May, 2018 ( Earth Day) as the Palestinians announced it, their number increased until the end of June 2019 to 273, including two journalists and four medical staff.

67 children were also martyred during the repression of the occupation for the ongoing major return to the Gaza Strip, and three embryos were killed in their mothers' Wombs during the Israeli occupation of Gaza.

Ten prisoners were martyred after being arrested by the occupying army, raising the martyrs of the captive movement from 1967 to 220.

In addition, the continued daily arrests of citizens in West Bank, the raiding of security houses in the middle of the night, the construction of settlements on Palestinian land, the destruction of homes and the displacement of families are daily practices committed by the occupation against safe civilians in their homes.

" I am a people who is burning love, and he is boasting of the decorations of Chrysanthemum and anemone on his chest and craft, and I will not let anyone take my right." Said the great Palestinian novelist and journalist , Ghassan Knafani (1936-1972), who martyred also in a bomb in his car by the Israeli forces.

My warm greetings to you and thank you very much.
We're always ready to communicate with you.

And here's my PayPal account link:

https://www.paypal.me/sameh1993

Regards;
Journalist Sameh

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゆうちょ銀行 14200-05255331

アースアートファクトリー  
口座

支店名は
口座番号は7桁です。
支店名は、 店名 四二八 店番 428 普通預金 口座 0525533 アースアートファクトリー

です

renaart1225@yahoo.co.jp 、メッセンジャーなどに
までいくらをパレスシナジャーナリスト支援に振り込んだと教えてください。今後の通訳・記事製作。現地への送金として活用させていただきます。お金は出せないけど翻訳はできるよ記事をまとめるよ、サイトを作るよ そういう協力も歓迎です

パレスチナのジャーナリスト、サマール・アハメッドさんと電話で話しました。

サマールさんの奥さんが翻訳・通訳家で、以下の素晴らしいニュースサイトを運営されています。
http://www.palpress.net/
これから繋がって、パレスチナとの中継をラジオで流したり、
質問をeメールで送ったりすることになりました。

トランプ大統領のイスラエル寄り政策により、アメリカがパレスチナ支援をやめ、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は資金不足に苦しんでいます。

米ニューヨークの国連本部で25日にあった会合で、欧州連合(EU)や各国が計1億1300万ドル(約118億円)の拠出を表明し、なんとか目処がついた形です。

 UNRWAはパレスチナ自治区や隣国で、計540万人の難民に教育や医療、食糧を提供。今年の必要額は12億ドルだが、2億ドル超不足する見込みで、今月末にも活動に支障が出る可能性が出ていました。

国連でパレスチナの高校生がスピーチし、「このままでは学校に通えない」ということを伝えました。

私は、自分ができることでパレスチナのサポートをすることにしました。
パレスチナに関係する映画祭やアート展を通じて、その出た売り上げでパレスチナの支援をして、パレスチナのジャーナリストのサポートをします。

一緒に活動したい人を募集しています。
●アラビア語の通訳さん、
●英語の通訳さんももしいたら(まいどすみませんが ほぼボランティアで)
●イベントで音楽演奏してもいいよというミュージシャン
●アート販売でパレスチナ支援してもいいよというアーティスト


お願いできませんか?

こう行った活動により、私たちは大手メディアが伝えない真実を知ることができ、なんか笑顔がつながり心が豊かになります。


また、ラジオに出てくれた出演料のような形で、ペイパルなどを使ってジャーナリストにダイレクトに支援をしたいと考えています。

システム構築手伝ってくれるIT技術者の方いませんか?(銀行に何万円も手数料取られるの嫌だし)

ーそう行った番組制作費・パレスチナ支援プロジェクトへのサポートはこちらーーーーーーーーーーー

ゆうちょ銀行 14200 05255331
支店名  店名 四二八 店番 428
普通口座 口座 0525533
アースアートファクトリー
 
ーーーーーーーーーーーー

パレスチナ支援にいくら支援したと08066874118renaart@gmail.com までご連絡ください。

 
ーーーーーーーーーーーー
サマールさんの英語記事を翻訳したいという(毎度すみませんがほぼボランティアで)方もいましたら、連絡ください。
語学を習いながら、世界のことを知れるチャンスです
ーーーーーーーーーーーー
暴力や差別を超えた世界を作るために一緒に頑張る仲間を募集しています

継続的に 平和を作る増山麗奈・アースアートファクトリー をサポートしてみようという方は
月額サポートお願いします!
一緒に作戦会議もできるよー
https://camp-fire.jp/projects/view/101978

こんにちは!増山麗奈です。昨日は増山麗奈美術館の公開日でした。え、増山麗奈美術館って何?と思われた方もいると思うのですが、私増山麗奈は昨年9月から、「増山麗奈美術館」を所沢にオープンしました。


きっかけは2017年の11月に町田で書家の小林陽光先生の企画で「環境芸術祭」に参加させていただいたことです。小林陽光先生はなんとも幸せな空気を普段から醸し出している方でとっても素敵な心が現れるような書を描くのですが、そんな小林先生の心地よい空気を感じながら、こんな絵を会場でかいたんです。「ちきゅうくん」という作品です。


のびのび生きていきたいな〜 娘たちの成長を感じると嬉しいな〜私も大人だけどまだまだ伸びしろあるな〜♫と思って描きました。そしてそれをその場で「誰かこの絵買いたい人いますか?」とネットでアップしたんです。そしたら、すぐ反応がありました。「買います!いくらですか?」「5万円です!」「じゃあ取りにいきてください!」「はいいきます!」

初めて会う方でした。その人こそが!今増山麗奈美術館を作ってくれた齋藤秀雄館長だったのです。ご縁ってあるものですね。

そこから齋藤館長にスポンサーになっていただき、ラジオ番組をはじめ、そして増山麗奈の絵をコレクションしていただき様々な形でサポートをしていただきました。トントンと話が進み9月には、埼玉の所沢市のスペースで、ピースアートセンター増山麗奈美術館を開館する運びになったのです。

いつも目の前のことを追いかけてばかりの私は、自分のアートを評論や分析をすることは少ないのですが、こうやって一人の人が自分のアートをサポート、理解して動いてくれるというのは本当に感謝!しかありません。

2019年4月までは月に1日だけ場所を借りる形でしたが、2019年4月からは増山麗奈美術館ピースアートセンターとして、齋藤館長が場所を借りてくれています。

とは言っても、美術館をあけるには店番をつけなければ、ということもあるので、現在は基本は第一土日、第二日曜日 の3日間、増山麗奈が会場にいるようにして、

他の日は一週間ほど前にお電話(090-9133-6430)いただければ

齋藤館長が仕事を調整して開けてくれるという形になっています。


私が知る限り、生前に美術館ができている画家、あまり聞いたことがありません。明治の文豪が住んでいた場所が博物館になったりはしていますが。本当にすごいことですよね!


この場所を活用して絵や映画を見ていただいたり、キャサリン・ジェーン・フィッシャーさんの絵を展示したり、イラクアートを展示したり、ラジオ番組を収録したり、いろんな活動をしてきました。今後ども皆さんに育てていただいて、

平和を願うみんなのセンターに育てていきたい。


所沢市という場所は、柴山文科大臣の地元です。

そして、高齢化する日本の中でも一番高齢者率が高い県は、埼玉県。

埼玉県の中でベスト3に高齢者率が高いのが所沢市なのです。

日本が本当に目の前の問題に向き合って、立ち上がるセンターとして、所沢から地域を盛り上げるアートを発信していきます。


昨日、嬉しいことがありました。齋藤館長は地元で高齢者支援の活動をしているNPO法人を運営しています。その中で館長が読んでくれたお客様と美術館でお話をしていました。病院に行く途中の方でした。

その方はじーっと絵をなんどもみてくれて、一つ一つの絵をじっくり感じてくれて、非日常を感じているようでした。「この絵は、見ているとぐっすり眠れそうで、寝室に欲しいわ。でも手が出ないけど・・」といわれました。

もう一人のお客様は、介護休職中の方でした。80歳を超えるご両親をお家でみておられるとのことでした。その方はとってもゆっくり美術館に滞在してくださり、「この絵の意味はどういうことですか?」「暴力を描いている理由はなんですか?」とじっくり絵を見てくれたのです。

私ごとですが、私の周りでも介護のことが家族の問題になり始めました。家族が共倒れにならないために、介護に携わる方にこそ、心の安らぐ時間を持って欲しいなと感じています。

そして認知症かなと感じ始めた方にこそ、びっくりしたり、悲しんだり、喜んだり、怒ったり、寂しかったり、様々な感情を揺りうごかすアートに触れてもらって、脳に刺激を覚えて欲しいな、と思いました。

日常では感じられない様々な感動をお届けする。

増山麗奈のアートでそう言ったことができるのであれば本当に嬉しいです。

そんな場所が生み出せていたとしたら、結構波乱万丈な人生をいきてきたわけなんですが

なんかその体験全てに感謝したくなりました。

みんなの心に寄り添い、その絵の前では、どんなこともうけとめて、じっくりと勇気を充電するような、そんな場所になったらいいな、そういう絵、空間、感覚をお届けしたいな、と思いました。


高齢化、経済的な低迷、被曝の進行。世界的に進む異常気象。食料不安、

私たちが向き合う現実は必ずしもキラキラしたものではないかもしれないけれど

だからこそ、やりきれない思いを抱えながら、一生懸命生きる人たちの暮らしに 心に寄り添う アートを提供していきたい


経済的余裕のない方にも、アートを楽しんでいただきたい。だから、ぜひこのキャンプファイアーで、サポートをしていただいて、

憲法で保障されている”はず”の健康で文化的な最低限の暮らし

人々に届けられる場所を作るサポートをお願いします!


今後仲間が増えて開けられる日が増えてくるとうれしいです。

このキャンプファイアーでも美術館運営に関わってみたいな、とかこんな企画をやってみたいな、とかアイデアをくださいね!


増山麗奈美術館ピースアートセンター所沢
所沢市和ヶ原1-3031-70
090-9133-6430
*お電話いただければ「狭山ヶ丘」駅(西武池袋線)まで迎えにあがります。

こんにちは、一般社団法人ユーラシア国際映画祭の代表の増山麗奈です。実は私は絵描きでして、所沢に増山麗奈美術館ピースアートセンターという美術館があります。5月はイラクアート×増山麗奈アートを開催しています。また一般社団法人ユーラシア国際映画祭と共催でイラクアートや、増山麗奈のドキュメンタリー映画の上映を行います。

Hello! I am Paradise Artist Rena Masuyama !  We produce "IRAQ ART & Rena Masuyama Art"exhibition in Rena Masuyama Museum tokorozawa Peace Art Center in March 2019.

私増山麗奈は、2004年2月〜3月にかけて戦場のイラクに行きました。自衛隊が初めて海外派兵された時でした。自分の国の軍隊が武器を持って他国に行くことが申し訳なくて、私は自分ができる償いとしてアートを購入してきました。その時に一緒にイラクに行ったミュージシャンでNPO法人ピースオンの相沢恭行さんが、その後、15年間イラクアートを日本に紹介しつづけてくれました。今回の展覧会は相沢恭行さんの持っているコレクション・増山麗奈がイラクで購入してきたアートのコレクションです。

この絵は、空爆で燃えた本のコラージュ作品を作っているバクダット芸大の教授・カーシム・サブティ氏の作品です。絶望の中にいるからこそ、人はアートが必要なんだと語っていました。七割のイラク人アーティストが治安悪化により母国を離れた中、カーシムはイラクに残り、アートを制作続けています。アートの売り上げで1日も休まずにギャラリーをオープンして、芸大のでの美術教育も行なっています。私が最も尊敬する人の一人です

「戦場からの翼~アートと歌でめぐるイラク」展
【日時】5月12日(日)
    10:30~18:30@増山麗奈美術館  入場無料 
    14時~ 「桃色のジャンヌ・ダルク」上映 

イラク人アニメーション作家 インテレック・アリさん作品「NOON」上映

ユーラシア国際映画祭国際担当加藤眞由美さんトーク

(一般社団法人ユーラシア国際映画祭共催企画)

*入場無料(投げ銭をお願いします)*アラブコーヒー&デーツ付き

会場で絵を販売しています

【場所】増山麗奈美術館ピースアートセンター所沢
所沢市和ヶ原1-3031-70 090-9133-6430
*お電話いただければ「狭山ヶ丘」駅西口(西武池袋線)まで迎えにあがります。

【展示作家】
ハーニー・ダッラ・アリー(イラク人アーティスト)
カーシム・サブティ(イラク人アーティスト)
ハージム・アルブスターニ(イラク人アーティスト)
インテレック・アリ(イラク人アニメーション作家)
増山麗奈

【関連企画】 
https://www.facebook.com/events/587633118386716/?notif_t=event_friend_going&notif_id=1556756101949659

アラビア語でアラブ民謡を歌う相沢恭行さんと、ウード奏者の荻野仁子さんがライブを開催してくれました!一緒に向精神薬の減薬治療に取り組む藤永マキさんと絵を描きました!

アートって本当に素敵ですね!ぜひみなさまお越しください!




このフライアーの表紙の絵が一番人気です。額に入った顔料プリントのレプリカが7000円でご購入いただけます!こどもの日!全ての命が尊重される社会を願って描きました!

専修大学で書いたロシアと日本の交流を描いたアートも、展示販売しています!

イラクのアニメも紹介します!







お世話になっております。

一般社団法人ユーラシア国際映画祭の代表、増山麗奈です!


4月26日、27日の寺田倉庫で行ったジョージア映画祭大成功でした!

海辺の映画祭では、川を挟んだビルへの投影を行いました。当日行われた子供映画祭では、ジョージアやウズベキスタンの日本初公開のアニメも上映され子供たちにも大好評でした!これも日頃応援してくださるみなさんのおかげです!

ありがとうございました。報告をブログに書きました♫

http://eurasiafilmfestival.livedoor.blog/archives/18006107.html


ユーラシア国際映画祭・増山麗奈は今後も日帰りでいける世界旅行をご提供する気持ちで、様々な国の文化を発信していきます!

ぜひみなさまご参加ください。



さて、5月4.5、12日はイラク、5月19日には、インドのイベントがございます!


♫●♫●♫●♫●♫●♫●♫●♫●

増山麗奈美術館所沢ではイラクのアート展を開催

イラク戦争の時に一緒にイラクアートを探しに行った仲間、イラク民謡演奏動画がアラブで爆人気(20万アクセス)の相沢恭行さんが、中東でコンサート成功された荻野仁子さんとともに来館。アラブティとデーツを楽しみながら、アラブアートと音楽の優雅な時間を過ごしませんか?♫

https://www.facebook.com/events/587633118386716/?notif_t=event_friend_going&notif_id=1556756101949659


「戦場からの翼〜アートと歌でめぐるイラク」展

【日時】5月4日(土)5日(日)、5月12日(日)10:30~18:30@増山麗奈美術館  入場無料 【LIVE】 5月4日(土)14時~5月5日(日)15時~

トーク&ライブ~アートと歌で巡るイラク、中東アラブ世界~

相沢恭行x荻野仁子x増山麗奈

*入場無料(投げ銭をお願いします)

*アラブコーヒー&デーツ付き


会場で絵を販売しています

【場所】増山麗奈美術館ピースアートセンター所沢所沢市和ヶ原1-3031-70 090-9133-6430*お電話いただければ「狭山ヶ丘」駅西口(西武池袋線)まで迎えにあがります。

【展示作家】ハーニー・ダッラ・アリー(イラク人アーティスト)カーシム・サブティ(イラク人アーティスト)ハージム・アルブスターニ(イラク人アーティスト)増山麗奈

【関連企画】5月5日(日)13時~「まいにちがこどものひ」x絵を描くワークショップ


https://www.facebook.com/events/587633118386716/?notif_t=event_friend_going&notif_id=1556756101949659

♫●♫●♫●♫●♫●♫●♫●♫●

5月19日は千葉の船橋でインドの民族バンドとよさこいと増山麗奈映画のコラボ!

【世界をつなぐアートコラボレーション】

~アートで世界とひとつになる~


インターネットやスマートフォンがあふれる日常では、

世界の人たちといつでもどこでもつながれるようになりました。


でも、人と人との心はつながっているでしょうか?


今回は、日本で最初に子どもとして世界の人々の心をつないだ少女、佐々木禎子さんを取りあげた映画「サダコの鶴」の上映。

そして、

インドの民俗音楽を次世代に伝える取り組みをしているインディアン・フォーう・バンドと

よさこいソーラン″いちかわ楽舞連”との共演に、

増山麗奈さんによるライブペインティングが加わって、

世界をつなぐアートのカタチを表現します!


【出演者】

★インディアン・フォーク・バンド

インドで演奏されなくなった伝統楽器やダンディヤ、タッパングチといったインド民族音楽の伝統リズムに特化して演奏し、数年前からは西洋リズムを取り入れるこころみをしています。



★いちかわ楽舞連

千葉県市川市と周辺に住む踊り好きが集まり、

文字通り「楽しく舞う連中」です!




【上映作成】

「サダコの鶴〜地球をつなぐ〜」原爆を体験した少女サダコが時を経て、現代に蘇り、福島原発事故を体験した少年と平和について考えるたびに出る

開催日時:5月19日(日) 13時開場、13:30~16:00


会場: 船橋市夏見公民館(千葉県船橋市夏見2-29-1)

https://www.city.funabashi.lg.jp/shisetsu/toshokankominkan/0002/0023/0001/p011042.html


参加費: 2000円(18歳未満は無料)


申込: こちらからお申込下さい

https://forms.gle/yYxvg9e3QL8nWUHB6


共催:

インディアン・フォーク・バンド来日プロジェクトチーム

一般社団法人ユーラシア映画祭

アースアートファクトリー


協力:

NPO法人ボーンフリーアートJapan


インディアン・フォーク・バンド来日プロジェクト2019年5月

~ インドの民俗音楽が持つ『生きる力』を日本の子どもたちに伝えたい ~


詳細はコチラ⇒ https://camp-fire.jp/mypage/projects/131150/open


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼



増山麗奈の活動に参加・月額サポートオンライングループを作りました。

ご参加・応援お願いいたします!

https://camp-fire.jp/projects/101978/activities/76013



△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


最後まで読んでいただいてありがとうございます。

↓↓まぐまぐでも増山麗奈無料メルマガはじめました。登録はこちらから
http://urx3.nu/P5z7

このようなメールでのご案内配信停止をご希望の方は

このメールにご返信ください。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

世界を楽園にする映画監督・画家


一般社団法人ユーラシア国際映画祭

http://eurasiafilmfestival.net/


アースアートファクトリー

https://info093062.wixsite.com/earth-art-factory


増山麗奈 

080−6687−4118

renaart1225@yahoo.co.jp


〒191−0062 東京都日野市多摩平2−5−1
JR中央線「豊田」駅 北口より 徒歩5分