2018/11/11 00:14

「背負うたびに勝手に長さが変わるのが不満!」

「プラスチックのバックルが安っぽい!」


こういったストラップ部分のご不満も何度も目にしました


店長的には、プラスチックでも金属でもどちらでも機能的には同じだよね

考えていたのですが、実際にこのお声を目にしたときから、意識は変わりましたね。


そこで、勝手に長さが変わらないように、ストラップを厚めのものに変更

長さの調整も楽に出来るよう、ストラップ先端を丸いループ状にして指を入れられるようにしました。


プラスチックのバックルも金属製に変えて、見た目と頑丈さをアップさせてみました。


この箇所は地味ですが、実はリュックを使う場合においてとても重要なのです。

背負うたびに長さが変わるとその都度、もとに戻す作業が必要になります。


何度も何度も繰り返していると、使いたい気持ちが消えていくんですね。

なので、コストアップになっても、厚みを増やして長さが変わりにくく改良してみました。

(背負う荷物の重さにもよりますが、通常の範囲なら問題なくご使用いただけます)


ストラップ先端がループ状になっているリュックは最近、よく見かけるようになりました

店長と同じことをすでに考えて実行しているメーカーがいたんですね。


改良口金リュックの製造に取り組むようになって、リュックを観察する癖が身につきました。


店頭で飾られているリュックを触ってみて、細かな仕様を確かめたり

街中で実際にリュックを使っている人がどんなモーションを取っているのかなど。


ひったくりかと怪しまれない程度にですけどね^^;

職業病ってヤツかもしれませんが、リュックをいろいろ観察するのは面白いですし刺激になりますね。


これからも観察を続けて、自分のプロダクトに反映させていこうと思います。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?