■3000円と1500円の差

クラウドファンディングを始めるにあたり、
同じようなサービスと内容を調査してみました。
結構な"有名"人が利用しているんだなーとか、
いや、あんたもうクラウド使わなくとも良くね!?
お金と時間あるでしょ?
みたいな感想を正直抱きましたよ。ええ、はい。
そんなこんなで他社サービスと公開されている(されていた)ファンディングを
仕事のようにリスト化して比較研究。そしてこのファンディングも内容と価格を決定したのですが、ワタクシ、一つ忘れておりました。
それは、僕が全くの「無名」である。ということです。
有名人が渦巻くクラウドファンディングに、無名の僕が出てきても。
無名でさらに、どうしようもない内容の本をオススメされても。
そりゃ誰も期待しないわな、と思った次第です。
有名でもない無名の僕が最初考えたリターン品の価格はなんと¥3000。
CDアルバム一枚分ですよ。
ライドウォッチなら2個買えますよ。「アーマーターイム!」ですよ。
そりゃダメだー。無名で期待値ゼロの僕には全くダメだー。
ということで、後から¥1500を設けました。
そもそも、自衛隊という面白くて不思議な仕事を多くの人に知って欲しいと考えたのが
本を書き始めたきっかけですから。
ちょっと高めの本くらいの気持ちで、ここはひとつ穏便に。