どーも!ヤスシです。

活動報告、全然できてなくてごめんなさい。


おうえんフェスとしてクラファンを立ち上げ、

現状まだ30%。

(支援してくださったみなさん、ありがとうございます!!)


これまでのペースで、あと二日でサクセスできる?

どうせ無理でしょう。


あー、やっぱりクラファンは大変だなぁ・・・

そんな想いもあるけど、

これから取り組んでいくメディア作りやコミュニティ作りに対し、

今、全力を出せているのかというと、

その答えを自分に問いかけると、絶対NOだ。

恥ずかしい。


このまま時間が過ぎ去って、まるで何もしてなかったかのようにクラファンが終わり、

次、5月におうえんフェスが始まると思った時に、

同じように辛い時、目を向けたくない時があったとして、

それに立ち向かえるのかというと、

答えは絶対にNOだと思う。


今、この瞬間に出せない本気を、いつかは出せると思ったら大間違いだよね。


お世話になっている、とある上場企業の社長様に、先日おうえんフェスの話をした。

その夜、その方からメールがきたんだよね。


私だったらヒカリエをキャンセル料がかかっても、やめるって。


小さな会場、安い会場でちゃんと採算を出しにいく。って。


なるほど。そんな選択肢もあるのか、と思った。


でも、私は直感で感じてるんだ。


チャレンジしたいって。


多くの人が、ワクワク繋がれる場を作りたい、って。


だから、そのメールにはこう返信した。

仲間と話合って、覚悟を決めて決めたことなので、やり遂げたいです。

って。


夢を語るのは簡単だ。

でも、それをカタチにするのはとても難しい。


スキルも、時間も、経験も、お金も・・・

困難を乗り越えるのにはたくさんの物が必要だ。


私は、それを実現できるのが

「おうえん」

だと思っている。


より多くのおうえんがあれば、

多くの夢がカタチになると確信している。


おうえんフェスでは、

多くの人の夢をカタチにできる場を作るために

遠回りをしながらも、もがき苦しみながらも、

多くの人が一生懸命動いている。


私は最後まで、やり切りたい。

おうえんの力と可能性を信じ抜きたい。