Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

「今夜、行き場のない人」を路頭に迷わせないため、団体の枠を越えた基金を作りたい!

キャンプファイヤー 寄付型のバッヂ
現在の支援総額
6,113,500円
パトロン数
741人
募集終了まで残り
終了

現在305%/ 目標金額2,000,000円

このプロジェクトは、2019-03-28に募集を開始し、741人の支援により6,113,500円の資金を集め、2019-06-15に募集を終了しました

今日も、誰かの緊急事態。でも、東京には「傘」がない。世代、国籍、SOGI……あらゆる分断を越えて、誰も路頭に迷わせない東京をつくるため、8団体協働で緊急一時宿泊時の宿泊費拠出と横断的な調査をおこなう「東京アンブレラ基金」を立ち上げます。

キックオフ集会開催! クラウドファンディング残り一ヶ月切りました!

こんにちは! 東京アンブレラ基金事務局です。
ご報告が遅れましたが、5月12日(日)に東京アンブレラ基金のキックオフイベントとなる「誰も路頭に迷わせない東京をつくる!『東京アンブレラ基金』キックオフ」が開催。
大変お忙しい中、たくさんの方にお集まりいただきました。

協働団体からは、一般社団法人Colaboの仁藤夢乃さん、認定NPO法人難民支援協会の石川えりさん、LGBTハウジングファーストを考える会・東京の石坂わたるさん、そしてつくろい東京ファンドの稲葉が登壇。
それぞれの団体活動紹介と「なぜ緊急宿泊支援が必要なのか」について発表がありました。




これら前半部分については、FacebookLiveのアーカイブがございますので、下記リンクより是非ご覧ください。
https://www.facebook.com/tsukuroitokyo/videos/552311688631781/

後半は、そのほかの協働団体代表による動画での団体紹介と、ディスカッション形式でのトーク。調査協力でご参加いただいているARCHの河西さんにもご登壇いただきました。

最後は登壇者とご来場下さった方で記念撮影。

今回のイベントでは、実際にクラウドファンディングで応援いただけた方にお会いすることができましたし、またプロジェクトに関心を持っていただいた方から直接ご意見をうかがたうことも出来て、とても嬉しい機会となりました。

改めましてご来場下さった方、ありがとうございました!

クラウドファンディングも残り一ヶ月を切りました。どうか引き続き応援いただけますようお願い申し上げます。