2019/05/12 17:57

 2019年5月10日まででプロジェクト期間が終了し、失敗に終わりました。

約10年開発した独自の純アナログなチャージコントローラですが、魅力がないことがわかりました。

魅力がないのは、以下の理由によりコスト高になってしまうためと考えております。

・プリント基板が大きくなってしまう。

・出荷前の調整に工数がかかる。


 今後の方針は、以下の通りです。

・チャージコントローラは、開発も販売も中止。

(手持ちのプリント配線板の在庫は販売する可能性があります。)

・枕元ステーションは、開発中止、販売は継続。

・それ以外の新しい機器を開発する可能性があります。


 パトロンとなっていただいた4名の方には、心よりお詫びいたします。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?