2016/10/18 06:44

高田世界館のイベントに興味を持っていただきありがとうございます!

おかげさまで、プロジェクトの目標金額に到達することができました!ご支援いただいた皆様、ありがとうございました!

さて、中東の理解を深めるドキュメンタリー映画特集ですが、なんと追加で作品上映が決定しました!また、ゲストもそれに合わせて来場決定!

・・・というわけで(笑)

目標金額を少し上乗せさせていただきます!
申し訳ありません!!(笑)

引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします!
なお、目標金額を上回るご支援についてはシリア支援の募金にも利用させていただきます。

☆上映作品紹介

『目を閉じれば、いつもそこに 〜故郷・私が愛したシリア〜』
(上映期間:11/5〜11/11)

2011年に始まった紛争によって、家族を失い家も街も破壊され、帰る場所を失ったシリア人。未だ収まることを知らないこの紛争は、かつて豊かだったこの国を、世界最大の難民発生国へと変えてしまった。それでもなお、ふるさと・シリアに帰りたいという想いを抱き続けている人々。紛争の裏側にある現実と、彼らの想いを伝える。

【トークショー開催!】

11/6(日)13:00〜(『目を閉じれば〜』12:00の回終了後)

ゲスト:斉藤亮平氏(シリア支援団体「サダーカ」)

難民支援の現場で実際に見てきたシリア人たちの困難な状況について語っていただくとともに、日本人である私たちがこの問題とどう関わっていけるのかについての展望を熱く語っていただきます。

◎サダーカについて

2011年3月から続いているシリアの騒乱に対して何らかの支援を行いたいと、青年海外協力隊員や 明治学院大学の学生等シリア関係者の有志により発足された団体。サダーカとはアラビア語で"友情"を意味します。

ヨルダンの首都アンマンの最も脆弱なシリア人難民の支援(資金配布、衣類提供、妊産婦支援等)や紛争終結のための世論形成や政策提言をイベントやシンポジウム、映画製作及び上映等を通し行なっている。

サダーカ公式ホームページ
http://www.sadaqasyria.jp/

 

◎ゲストプロフィール

斉藤亮平(さいとう・りょうへい)

国立音楽大学卒業後、青年海外協力隊としてシリアへ派遣。パレスチナ難民地区の小・中学校の音楽教育普及活動に従事。その後ブータン王国の音楽学校講師、出版社を経て2013年より一年間ヨルダンのザータリ難民キャンプにて子どものケアにあたる。現在もシリア支援団体「サダーカ」のメンバーとしてシリア難民の支援を続けている一方、シリアを身近に感じてもらおうと、講演や執筆活動のみならず中東の料理を振る舞う活動も積極的に行っている。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?