2019/04/03 17:44


ご覧いただきありがとうございます。


プロジェクト・ディレクターの村山です。


本日はsaccora projectで織を一緒に製作してくれている盛岡市の工房「ばったん工房」へ織の依頼をしてまいりました。

ばったん工房も就労支援を目的とした福祉施設ですが、裂き織を使った小物などを製作し市内の店舗で販売をしています。



品質の高い織りを製作している工房で、以前より弊社で受注した織りの一部をお任せています。


裂き織りに限らず機織り(はたおり)は織るところが注目されがちですが、機あげ(はたあげ)の作業が非常に根気のいる作業。


裂き織は通常より本数が少ないとはいえ50cm幅の織りを製作するときは280本前後のタテ糸を同じ長さに切りそろえて用意します。

(10mの織りを作る場合は10mの糸を280本)


もちろんて手作業です!


そのタテ糸を綾(あや)を取るための綜絖(そうこう)と



ヨコ糸を打ち込むための筬(おさ)へ1本1本通していきます。


なれた職人でも半日~1日を費やす作業になってきます。


ついに進み出した織の作業、本当に色々な方々が参加して成り立っている裂き織100kgチャレンジだと思っています。

募集期間終了まで残り20日!


是非とも多くの方のプロジェクト参加をお待ちしております!




今回ご紹介したばったん工房のHPはこちらです

http://battankoubou.com/

是非是非チェックして見てください。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?