2020/11/17 18:54

11/16
マスプロダクションに入る前に、100%のアイテムが製作できるよう、サンプルを作り始める。

100%と思える革の完成。トップ画はantique brown。
雰囲気あってめっちゃイイ!

antique black。
うっすらとbrown系の色を吹き付けています。リッチな色味。

wine red。
ネーミングミスのような気がしないでもない。すごいアンティーク感。

めっちゃイイ!って思ってもらえる仕上がりになった。


革をファクトリーに運び込み、早速製作を開始しています。

革に下書きをする。

全体として素晴らしいと思える革も、一枚ごとに状態が異なる。さらには部位ごとに状態が異なる。革のどの部分を、どのパーツに使うか、模索しながら慎重に下書きしていく。
想像以上に時間がかかる工程。

そして、カット。

下書き通りに丁寧に、慎重に。

Little Itemもカットしていく。


カットした後は、1パーツ1パーツ状態を確認。

この後は、革漉きの工程。
部位によって革の厚みを調整していく。



-- フォロー推奨 --


twitter
Jillanie
shinnosuke okamoto
junichi nakai

instaglam
jillaniebag

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?