2019/05/26 23:21

ブラジルレコーディング無事終了し、帰国しました。
Hokkaido Brasik 100 anos サンバエンヘドのイントロを作ってくださった、ショーロカヴァキーニョのメストレ、シッケイラさん。
引き継がれてきたブラジルの音楽の伝統を、この曲にも加えてくださいました。

チンバウ、スルドでサンバヘギを演奏してくれたマテウスさんも素晴らしかった。
スタジオでは会えなかったけど、編曲、カヴァキーニョを担当してくれたダニエル、ありがとう。
スタジオのエンジニアで、七弦ギター、カヴァキーニョを演奏してくれたウェルトン、ありがとう。

そして、今回のリオデジャネイロレコーディングを実現させてくれた、ポルトガル語の歌詞、歌、バテリア全般、レコーディングディレクションをしてくれたカカに感謝します。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?