2019/07/03 10:56

私は現在、パラレルワーカーとして、ITコンサルの会社員、ワークショップデザイン、事業活動など複数の軸を持って活動しています。

一つの会社に頼るのではなく、将来的にいろんな選択ができるように自分のスキルや時間を増やす働き方を選びました。


この働き方になったきっかけは、新卒で入社した会社で感じた働き方や仕事に対するモヤモヤです。


産業への危機感、正社員への違和感、狭まる視野に不安感を持ったため、社外に行動範囲を広げいろんな働き方や生き方の人に出会いました。


すると…


「生き方って一つじゃないし、選択肢もたくさんあるし、なんか何でもできる気がする!」


という発見が!!


思い立ったら即行動の私。この気づきを発端に約三年半働いた会社を辞め、半年間定職につかず興味関心事にチャレンジをする、自称”アクティブニート”の活動をしていました。


ここで困ったのが肩書きについて。会社の看板を脱ぎ捨て、肩書きがなく、何者でもない私を襲ったのは「どうやって自分を表現しよう・・・?」ということ。



肩書きに縛られない自由な自分を表現したい!


肩書きではなくもっと自由に自分を表現できる方法がないかな~?と考え思いついたのが、「アート」です。


こうした自分のストーリーから「面刺(めんし)」づくりのワークショップをデザインして、現在活動しています。

「面刺(めんし)」とは、新しい自己表現のカタチです。


「肩書きを全部取っ払った自分って、どう表現できるだろうか??」


そんな問いから発明したのが「面刺」であり、「面刺アートプロジェクト」として過去8回ワークショップを開催しています。


▼過去の面刺 (instagram)

https://www.instagram.com/menshi_gallery/

肩書き抜きのコミュニケーションをかくれ架BASEでチャレンジ中!


この「面刺アートプロジェクト」を通じて、肩書きでは語り切れない、その人自身に引き出しがたくさん眠っていることを発見しました。


「肩書き抜きで集える場所や時間をつくったら、きっと面白いだろう…!」


そんな思いから「肩書きで語らナイト(語らない×Night)」をかくれ架BASEで月一やらせていただいています。


「肩書きで語らナイト」は、肩書き禁止のスナックです。

お越しいただいたみなさまには、肩書きを抜きではじめましてのコミュニケーションをしていただきます。


いつも最初は「何を話すんだろ〜?」と不安そうな様子ですが、最終的にみなさん引き出しがたっくさんあって話題が絶えず、時間が足りません!

毎回いろんな価値観に触れ、刺激たっぷりな時間を過ごしています。


もしかしたら、このタイトルに惹かれる人が個性豊かすぎるのかもしれません(笑)

私と同じように「肩書き」や「働き方」についてモヤモヤしていたり、「肩書き」以外でチャレンジをしたいという熱い思いを持っている方が来てくださります。


まだ3回目ですが、私にとってあの2時間半が楽しみすぎて毎回待ち遠しく思っております。


かくれ架BASEをきっかけに、肩書きからではない新しい繋がりをみなさんと一緒につくっていきたいです!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?