皆様の多大なるご支援本当にありがとうございました!

5月15日より開始した本クラウドファンディングプロジェクトは、6月18日に目標金額である300万の調達を成功させました。みなさまの温かいご支援・シェア・ご声援により、大変多くの勇気をいただきました。この場を借りて厚く御礼を申し上げます!

ブルーベリー狩りのリターンを購入されなかった方も、摘み取り園オープン期間中の6月21日~8月4日の間に長野県須坂市に立ち寄られる予定がありましたら、ぜひお気軽にお立ち寄りいただければうれしくおもいます!


【ご支援いただいたリターン商品の発送について】

ブルーベリーの収獲がもうすぐ6月末ごろより始まります!今年は例年に比べて2週間ほど実がつくのが遅いですが、7月中には順次生果実の発送ができますのでどうか楽しみにしてお待ち下さい!

さて、実は森の畑では生果実だけでなく、冷凍ブルーベリー果実もあつかっています。今週は冷凍庫にブルーベリーをまとめていれるためのコンテナを洗いました。今シーズンの冷凍ブルーベリーの予定量は7トン、軽トラで35回往復して運びます↓

また、生果実の大きさを選別する選果機と、手作りのふるいも洗いました↓

果実のサイズはこのような20mm・17mmの経口を持った機械で判別をして2Lサイズ・Lサイズ・Mサイズ・Sサイズへと選別していきます。


【特別コンテンツ:ジャムの製造工程のご紹介】

ここでは、「森の畑」の『無糖ジャム』の製造工程についてご紹介いたします!

まず、果実の洗浄から冷凍保管までを丁寧におこなっていきます。専用の洗浄機をもちいて、小さなゴミまで除去し、ブルーベリーを丁寧にあらいます。花とへたを丁寧に取り除き、 殺菌用のオゾン装置を経たオゾン水で洗浄します。 

洗浄が完了したら、次は異物混入をチェックするため金属探知機に通します。

13キロの箱に詰め、冷凍庫に保管します。

6.5キロ×2袋 (13キロ) で梱包し、冷凍業者のマルイチ・ロジスティクス・サービス株式会社(MLS)様に委託保管してもらいます。


洗い終わったブルーベリーの果実を一度冷凍させます。冷凍させることにより果実内部の細胞膜が破壊され、味が凝縮されます。採れたての生のブルーベリーにはペクチンと呼ばれる物質が存在します。これを一旦冷凍することにより味を均一化し、安定した品質を保つことが出来ます。


冷凍したブルーベリーを取り出したら、ジャムの製造に取り掛かります。殺菌消毒の施された衛生状態の良い調理室にて熟練した調理師が製造にあたります。


イオン効果のある銅鍋を用いてゆっくりと手作業で焦がさないようにしながら、15~20分ほど煮込んでいきます。銅イオン効果はジャムを綺麗な赤紫色にし、食物繊維の維持されたおいしい食感を再現してくれます。果実がつぶれないようにヘラで丁寧に混ぜていきます。 

次は、アクを取る作業です。雑味をなくすべくこまめにアクをとり、果実や果汁を取ってしまわないように気をつけながら、アクをすくいます。さらに10分煮詰めます。


銅鍋でゆっくりと手作りをしたジャムが出来上がったら、今度はビンに充填します。ジャムビンはあらかじめ減菌しておきます。

充填が完了したらすぐに蓋をしめて、しっかりと密封します。

密閉が完了したらスチームコンベクションに入れ仕上げの減菌を行います。
※ 滅菌温度 95℃で、滅菌時間60分間処理を施します。

滅菌が完了したら、常温になるまで待ちます。

瓶が冷めたら心をこめてラベルシールを貼り包装して完成です。

みなさまにリターンの商品がお手元に届くまで、いましばらくお待ち下さい!


【プロジェクト終了まであとわずか!】

まだ最後まで残り半日ほどありますが、SNSなどでご友人やお知り合いの方とも私ども「森の畑」の商品や本プロジェクトをシェアしていただけますと大変嬉しいです!

今回のクラウドファンディングのページは渾身の力を込めて書かせていただきました。どうか、今後ともよろしくお願いいたします!


こんにちは、「森の畑」の松田です!これまでに、本クラウドファンディングプロジェクトに対して沢山の方々からご支援、シェアをいただき大変嬉しい限りです。心より感謝申し上げます。


今回は、私が日々農園でどのような仕事をしているのか、5月の農園の様子についてレポートをさせていただきます。


【果実を守るために鳥よけネットを張りました】

今日は初夏を感じさせるような良い天気、山の農園の鳥除けネットを張ります。完熟した糖度の高い果実には、人間だけでなく野生の鳥たちも引き寄せられます。

このネット張りは果実を守るために大切な作業。5ヘクタールのブルーベリー畑をすべて張り終えるには、まだ数日かかります。肉体的には大変ですが、爽やかな山風か今日の労働を癒してくれ、何気ない幸せを感じる瞬間です 。

農園の直ぐ側には、スタッフの方々の休憩とバーベキューのために日除けタープを立てました。単管を加工して手作りです。頭の中の計算上では台風にも耐えるはずですが、自信はありません!飛んだら飛んだで、また改良してチャレンジします!


【受粉を媒介するミツバチたちを移動しました】

 この時期は、農園で飼育しているミツバチたちが活発に活動を始める時期です。ミツバチの木箱を殺菌消毒するために、ガスバーナーでひとつひとつ丁寧に炙(あぶ)っていきます。

天気のいい日、ミツバチの分蜂(巣別れ)が突然始まります。新しい巣箱を用意してその中へ振り落とします。女王蜂が巣箱に入ると、働きバチ達は女王蜂のフェロモンにさそわれて集まってきます。 

闇夜の泥棒ではありません、ミツバチの移動です。観光農園のオープン準備、ご来園されたかたがたが刺されてはいけないので、ミツバチを須坂の観光農園から、山の畑に移しました。夜中の不気味なドライブ、誰もいない暗闇の中で少々恐怖を感じる作業です。


【春先の摘果(てっか)作業が完了しました】

 冬場の剪定作業で調整できなかった花の量を調整します。この作業を摘花(てっか)といい、 あえて咲き始めた花を摘み取ります。 花の数を限定することで残した果実に栄養分を集中させて夏には大粒のブルーベリー果実へと育ちます。

5月末のこの時期は花が散り始め、これにて摘花作業は完了です。可愛いブルーベリーが顔を見せています。

この時期はミツバチの世話もあるのでネコの手も借りたいほど、、せっせと大粒果実の栽培日向けて日々の作業をこなしていきます!


【香港からのバイヤーの方々が来園されました】

5月の半ばには、観光農園に香港からバイヤーの皆さんが来園されました。日本の優れた農産物を求めての視察です。バックからなにげなくドローンを取り出し早速園内を撮影ってところが、大陸の人々のはかり知れない行動力とエネルギーを感じました。

こうして、いろいろな人と知り合えるのが農園を経営していく上での楽しみの一つです。

観光農園では藤の花が満開に咲き誇っています。7年前、友人から30センチの藤の苗木をもらったのがきっかけで、農園直売所のテラスに棚を作り定植して4年、今年は見事に咲きました!


【リクエストやコメントも受け付けています!】

今後もまた定期的に農園での様子をご紹介していきます。農園のココが知りたいなどのリクエストも受け付けておりますので、コメント欄やメッセージから是非とも投稿していただければ嬉しく思います!

また、本プロジェクトを紹介やシェアなどで、より多くの方々に知っていただけると嬉しく思っております!良い品質の果実をお届けできるよう最後まで頑張ってまいりますので、どうか応援よろしくおねがいします(^-^)/

こんにちは!「森の畑」クラウドファンディング運営チームのシュンです!


【開始から6日目で31%を達成】

この度は、プロジェクト開始直後から大変多くの方がご協力を下さり、開始から6日目にして無事1つ目の山場となる30%の目標数値を達成することができました!!

これまで、121人の方からリターンに対してのご支援があり、ここまでこれたのは全てみなさまの温かいご支援のおかげだと感謝しております!


【Facebook上で439シェアをいただきました!】

現在5月20日7:30PMまでにFacebook上でのシェア拡散数が439、1日のPV数は20,000弱と、予想以上に多くの方からご声援をいただき、30%という数値を達成することができました!本当にありがとうございます!



【500円で気軽にご支援できる、「お気持ち支援コース」を追加しました!】

ご支援者の方の中から直接、「もっと簡単に支援できるリターンを追加してみてはどうか?」との提案があり、早速「お気持ち支援コース」を新たなリターンとして設置させていただきました!


「お気持ち支援コース」は、500円で支援ができるリターンで、本クラウドファンディングプロジェクト終了後に「森の畑」の通販ページから利用できる1,000円分のクーポン券が手に入るオトクなコースです!ご支援を頂いた2倍の額の1,000円をご支援してくださった方に還元致します!!

また、既にご支援をくださった方でもリターンの購入は可能ですので、是非ともご検討ください!


今後とも、どうか温かいご声援を何卒よろしくお願い致します!(^-^)