2019/06/21 07:21
撮影日記①   ビックリまさかの東京でキツネ!!

[ 6/14(金) AM4時45分 ] 

ヤバい寝坊した!慌ててカメラバッグだけ持って自転車に乗り、いつもの撮影場所に向かう。

国道を渡り左カーブを曲がると、左手に「あら、首輪してない犬?」
まだ頭が起きていない…

はっと我に返る。

キツネだ!

しかもよく見りゃ、3頭!

「ここで止まったら逃げられる...」と思い、知らん顔して通り過ぎ、
相手との距離を十分に取ってから、ゆっくりとカメラを出し撮影を始める。





 




 




 

(PENTAX K-3/DA★300mm)



5分程して、キツネ達は近くの林に消えて行った。
そして私は辺りの散策を始める。


所々に糞もあるし、林に続く獣道もあるし、
そして何よりも3頭。

間違いない。子育て中だ、
と確信してこの場所を後にする。


後日。まだ薄暗い中、林に隣接する川沿いを探す。 

フェンスの下をくぐった獣道がある…
恐らくはここに水を飲みにやってきているはず…

案の定居た。
けれどフェンスの向こう側で写真は撮れず...

すると畑の方でカラスが随分と騒ぐので現場に急行! 

居ました!!



 




 


 


 

(PENTAX K-3/DA★300mm)




そして、トウモロコシ畑に消えた。

再度、巣のある林に帰ってくると思い、
身を潜めて待つ。


帰って来た!

3頭皆出て来て、じゃれあい始める。



 




 

(PENTAX K-3/DA★300mm)



そして、林の中からもう1頭出て来た。

全部で4頭のようだ。

 

だが、すぐに新聞配達のバイクが来て、
驚いて林の中へ隠れてしまった。
多分反対側の川沿いの方に。


現れると予測して先回り。

遠目からじっと待つこと10分。

現れた。



 


 


 

(PENTAX K-3/DA★300mm)



朝陽を浴びたキツネを撮りながら、
「ここは本当に東京か?」と自分自身も思ってしまった…

撮影時間わずか1時間。
キツネ達は林の中に消えた。

もう日中は出て来る事はないだろう...


しかしながら自宅から歩いて5分程のちょっとした雑木林の中で、
まさかキツネが子育てしてるとは.... 全く考えてもみなかった…

でもよく考えてみると、
この雑木林、誰も立ち入る事は出来ないのだ!

何故ならば民家に囲まれていて、
更に後方は川だし、周りには小さいながら畑もあるので、
キツネにとっては最高の条件なのかもしれない。


アスファルトとコンクリートに囲まれた東京....

そんな中でもこの様な生物が生息している。

そして今後、私たちはどの様に共生していくべきなのか?


未来を担う子供達が、「命とは何なのか?」を考えるきっかけになって欲しい。

そして散歩する親子の方々や年配の方々が、
自分達の暮らすすぐそばに、こんな素晴らしい生物が居る事で、
少しでも幸せになれたならと願っています。


========

クラウドファンディング、いよいよ残り 13日 です。

●もしよろしければ、twitterでのリツイート、facebookでのシェアも大変有難いです。
どうか宜しくお願い申し上げます!!

プロジェクトページ: https://camp-fire.jp/projects/view/153739
Twitter: https://twitter.com/serengeti922
Facebook: https://www.facebook.com/hiroaki.kaneko.376



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?