2019/07/01 08:40

クラウドファンディング 残り 3日 となりました。

現在、目標の84%の応援を頂きました。
誠にありがとうございます。

最後のラストスパート!活動報告の連続投稿をお許し下さい。
ツミの物語をお届けします。ぜひ楽しんで頂けたら幸いです。

ーーーーーーーーー

「始まり...新たな命をのこすために」

5月上旬。
オオタカの取材を終えて帰路につくと、
民家の隣の林の中で聞きなれた鳴き声がする。

「この声間違いないツミだ!」
自転車を停め林の中に向かう。すると、さっそうと目の前を横切る影。 

居た!ツミのメスだ。

そして上空には、オスが鳴きながら飛んでいる。

「この時期にオスメス両方居る、間違いない営巣だ」

確信して巣を探す。恐らくこれだ!
巣を1つ見つけ、今日の所は帰る。

そして翌日から本格的に取材に取り組む。
朝5時、鳴き声を頼りに探す。

お互いに鳴きかわし、それぞれ高い梢に止まっている。

とにかく慌てず、騒がず、静かにゆっくりと状況を見守る。

オスが林の外側に向けて飛んで行った。狩りに出たのだろう。
この時期はオスが餌を獲りメスに運び、
メスは卵を産む為にゆっくりと身支度を整える。

その10分後。戻って来た。 


どうやら餌はスズメのようだ。
メスが餌を食べている間、オスは別の木の上でのんびりと羽繕い。

メスが食べ終わり、くちばしを枝でふきだすと、
オスがさっそうとやってきて交尾が始まった。


巣自体はほとんど出来上がっているので、あと数日はこの行動パターンが続くのだろう。

そしてその数日後から、メスはちょくちょく巣に入り、
5月10日には、完全に巣に入ったままとなった。

オスが餌を持って来ると、巣の外に出て来て、餌を食べては巣に戻る。

そう、卵を抱き始めたのだ。

ここからが勝負。
相手にストレスを与えるのは禁物。
再度気を引き締めて取材にあたる。

ーーーーーーーーー

クラウドファンディング残り 3日です 。

目標まで残り約15%のところまで来ました!
一重に応援して下さるみなさまのおかげです。
本当にありがとうございます。

どうかプロジェクトのシェア・拡散にご協力をお願い致します。
よろしくお願い致します。

プロジェクトページ: https://camp-fire.jp/projects/view/153739
Twitter: https://twitter.com/serengeti922
Facebook: https://www.facebook.com/ndutu1977tanzania/


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?