2019/07/02 08:33

クラウドファンディング 残り となりました。

現在、目標の91%の応援を頂きました。
誠にありがとうございます。

最後のラストスパート!活動報告の連続投稿をお許し下さい。
本日は、ツミ前編の続きの物語をお届けします。ぜひ楽しんで頂けたら幸いです。

ーーーーーーーーー

「新たな命を残す為に...」抱卵~孵化

メスの抱卵を確認した事により、早朝だけの撮影が始まった。

夜が明ける前に自宅を出て、朝食の時間には戻るというスケジュール。

だいたいその間だけで、オスは1~3度は餌を運んでくる。

オスは、狩りに出て獲物を持って帰ってくると、
毎回決まった枝に止まって、メスを呼ぶ。


そして、メスはその声を聞いて、巣から出てきて餌を頂く。


メスが食べている間は、オスが代わりに巣で卵を抱く。
それを繰り返す。

ここのオス、食事を終えたメスが巣に戻り、
また卵抱き始めたって時に、次の餌を持ってくることも。

そういう場合、メスは出てこず、オスは餌をそのままにして、近くで見張っていた。


また、このメスは、特徴として食後には必ず巣材となる枝や葉を持ち帰っていた。


雨の日も、風の強い日も、
獲物を持って来るオスと、卵を温めるメス...

カラスが近づいて来れば、お互いが協力して追い払い、
時には「バチッ!!」と体当たりする事もあった。

新たな命を残す為に、
ひたむきに生きる強さに感服するばかりだった...


6月8日。いつものようにメスが受け取る。
食べると思ったら巣に運んで行く…

そして餌をちぎり与えている、、
孵化したようだ!

雛はまだ小さいので見える事はないが、まずは一安心。

その2週間後。
ようやく元気な姿を見せてくれた。


6月27日。夕方ちらっと見に行くと、元気に4羽が羽をバタつかせていた。


孵化から約20日。

もうちょっとで巣立ちだなぁと思い、帰路につく。

ーーーーーーーーー

クラウドファンディング残り 2日です 。

目標まで残り 9 %のところまで来ました!
一重に応援して下さるみなさまのおかげです。
本当にありがとうございます。

どうかプロジェクトのシェア・拡散にご協力をお願い致します。
よろしくお願い致します。

プロジェクトページ: https://camp-fire.jp/projects/view/153739
Twitter: https://twitter.com/serengeti922
Facebook: https://www.facebook.com/ndutu1977tanzania/



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?