2019/06/29 16:39

一軒貸切宿「茶心」には、首都圏からも多くのお客様(宿泊や視察される方々)が訪れています。

佐別当隆志さんは、「好きな場所で、好きな時間を、好きな人と。新しい生き方をはじめよう。」をメッセージとして掲げ、空き家や遊休別荘と、泊まりたい人をマッチングする、Co-Living(コリビング)サービス「ADDress」の代表を務められてます。

その他、2016年一般社団法人シェアリングエコノミー協会を設立し事務局長に就任。 2017年株式会社mazel設立、代表取締役に就任。内閣官房IT総合戦略室よりシェアリングエコノミー伝道師に任命。2018年、経済産業シェアリングエコノミーにおける経済活動の統計調査による把握に関する研究会委員。2019年シェアリングエコノミー協会常任理事に就任。様々なかたちで、次代に貢献されています。

宮崎県新富町にも訪問されており、先日は「茶心」にもご宿泊いただきました。


撮影:濱津和貴

− 「茶心」にご宿泊されていかがでしたか?

佐別当さん:
茶心は、精神と時の部屋に入ったように心がすーっと、落ち着きます。個人的におすすめなのは、ゆっくりとお風呂に入り、冷えたお茶をゆっくりと飲むこと。家族や両親にプレゼントしたい、リラックスできる空間です。

− 挑戦中のクラウドファンディングへの応援メッセージをお願いします

佐別当さん:
友人を呼んだり、チームで合宿したりする場合でも、リフレッシュしつつ、集中できることは間違いありません。

クラウドファンディングで、活動支援しつつ、茶心でゆっくりされてはいかがでしょうか?応援、よろしくお願い致します!


佐別当さん、ありがとうございます!!!

ぜひ、みなさまも一棟貸切宿「茶心」に宿泊し、
ここでしかできない体験をしてみてください。
ご支援・応援シェアをよろしくお願いします。

↓クラウドファンディング の詳細はこちら↓
空き家再生/民泊「お茶ホテル」9/21国際平和デーに竹あかり祭を開催し世界へ発信

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?