2019/06/08 15:21

神山奎吾です。

もうすぐで丸3日になりますが、お陰様で30人もの支援者が集まりました。達成率も23%と好調です。

前回の日本ゆでたまご協会設立クラファンと比較すると似たような伸び率(支援学は今回のほうが多い)なので、このまま伸びればいいなと思ってます。

そういえばこの前Twitterでこんな投稿をしました。

僕もお金がない時期は友達のクラファンに支援するのもとても辛かった。支援したくてもできない人っていると思います。

でもお金出さないと支援したことにならないっておかしいなと思うんです。支援したいという気持ちを大切にしたい。がんばれって言ってくれるだけでも僕のやる気はあがりますし、がんばればより良いシェアハウスになると思うんで、十分な支援です。

ただ初期費用もやっぱり高いのでクラファンをやってます。余裕ある人がご厚意でノリノリで出してくれるお金を頂ければと。その分リターンで全力で返します。

そんなこと思って呟いちゃったのですが、多分僕ってクラファン向いてないですよね。

でも友達からこのようなメッセージが返ってきました。

嬉しくて泣きそうになりました。ちなみにこのような友達に出会えたのもシェアハウスに住んでたからなんです。他にもヒッチハイクダービーとかリアル桃鉄とか大人になってもこういうことできる友達って最高じゃないですか。

僕がシェアハウスを作りたいのはこういう素敵な人たちが集まる場所を作りたいからです。お金があるとかないとか関係なく、一緒に鍋したり遊んだりしたい。僕はかなり稼いだ時期も経験しましたが、はっきり言ってシェアハウスでみんなで鍋食べる時間の満足度ってお金払っても買えないです。

だからみんなで同じTシャツ着て遊びましょう。このTシャツだけは全く売れてないので、誰か支援してください。(飛魚は仮です。名前決まったらちゃんと作ります。)


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?