2019/05/29 17:55

MovEnglish6人目のファシリテーターはSaraさんです!


北欧の教育王国スウェーデン出身で1歳のお子さんがいるサラさん。

ソーシャルワーカーやヘルスケア、小学校での講師経験等を持っており、幼児期における非認知能力開発の重要性を経験から知っている方です。


先日の研修で講師をつとめていただいた元幼稚園教諭で、途上国における幼児教育が果たす役割について研究されている朝倉さんのお話では、主に以下の2つの保育形態に分けられるそうで、

(1)フランスやイギリスで見られる就学準備型保育施設

(2)ドイツやフィンランド、スウェーデンで見られるような生活基盤型保育施設


この中でも(2)の生活基盤型(ソーシャルペタゴジー)の保育形態が「非認知能力開発」に良いとされているそうです。

サラさんの子育て・スポーツ科学・生活基盤型保育の知見から、子どもたちの非認知能力が育まれる環境を整えるプログラム開発にご協力いただいています。


【名前】

Sara Karvonen


【経歴】

- Sports instructor 

- Teaching experience at an elementary school in Sweden. 


【メッセージ】

I can’t emphasize enough the importance of soft skills. MovEnglish is great as kids gets to learn both English and soft skills through movement and play.

ソフトスキル(非認知能力)の重要性はどんなに強調してもしきれません。MovEnglishは運動や遊びを通して、英語力とソフトスキルの両方を学ぶのに役立ちます。




この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?