2019/07/31 10:28

昨日の24時をもってクラウドファンディングが終了いたしました。

プロジェクトの公開終了と同時に、支援していただいた方々のお名前と住所が初めてこちら側に公開されるのですが、Excelファイルに記名された数多くの支援者のお名前を拝見するうちに胸が熱くなってきました。

ほとんどの方を僕は知っているからです。

120名を超える支援者と応援のメッセージ。

プロジェクト公開中は、宣伝することや、より多くの方々にご支援をいただくことで正直、頭がいっぱいだったのですが、この1ヶ月を振り返り、直接ご支援をしていただいた方の表情や友達、お知り合いの方の顔が名前と一緒に一つ一つ浮かんできました。

上手く表現できませんが、プロジェクトの公開前、僕はお金とは「共感の大きさ」だと考えていました。

つまり、共感できるプロジェクトであればあるほど支援者数も多いと。

今は、お金のもう一つの側面を感じています。

お金とは「コミュニケーションツール」であると。

額という気持ちに乗せて、本人も無自覚であろう「言葉や想い」を相手に送っています。


いま、茶掛けの言葉を考えています。

本来は、「日々是好日」や「喫茶去」といった禅語が用いられるそうです。

今回、僕が選ぶ言葉は「有難う」にしようと思っています。

一説によれば「有難う」の対義語は「当たり前」。

当たり前ではないこの状況と、皆様の感謝の気持ちを込めて、そう書こうと考えています。

この度は本当に温かいご支援ありがとうございました。

川根翔太

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?