2017/04/24 17:00

ただ今募集中のクラウドファンディングも残すところ4日となりました。
大変沢山のご支援をいただき、心から感謝しております。
また皆さんからの応援が、凄く励みになっております。

本日無事中国遠征から帰国しました。
22日に今シーズン1本目のレースが開催され、無事優勝することが出来ました!
今回のレースは100キロで累積標高6500mのハードなレース。
噂通り、30度以上あるんではないかというような急斜面の上り下りが連続し、最後に1200mの登り下りが待ち構えているというガレ場も多い過酷なレースでした。

序盤は古い城壁の上を走ります。なかなか出来ない経験です。
序盤はマイペースで、後半からあげていく予定でしたが、最初のサポートが来てくれるエイドステーションまで、想定より大分アップダウンが少なく走りやすく、予定より1時間も早く到着してしまい、サポートが間に合わないという緊急事態に!
そこから次のサポート地点までの補給物資を受け取る予定だったので、一瞬焦りましたが、とにかく水はエイドでもらえばいいし、食べ物は予備のバーがあるし、エイドで肉まんの皮だけみたいなパンをもらって、なんとかなるだろうと先に進みました。

しばらく行った登りで、下から呼び声が聞こえて振り返ると、今回ケガで欠場されてる石川弘樹選手が、ケガを押して私の補給物資を持って走ってきてくれました。
実はこの補給物資の中には、スマッシュウォーターという脱水を防ぐパウダーを溶かした水も入っていたので、この後かなり暑かったので、あれがなかったら脱水になっていたかもしれません。本当に石川さんのおかげで事なきを得、攻め続けることが出来ました。感謝しても仕切れないです。


無事50キロ地点のエイドステーションに到着し、自分が3番手であることを聞かされます。
さて、ここからあげていって、前を追うぞ!と出発します。
しかし一向に前の女子は見えてきません。
果たして本当に追いつけるのか。。。不安がよぎります。
実は後から聞かされましたが30分も差があったそうです。
それでも自分を信じて、ベストを尽くすのみです。あきらめず前を追い続けます。
そしてラスト20キロ地点でやっと1人捕らえます。
とりあえず2位浮上!この先どれぐらい離れてるかは不明でしたが、とにかく追いつくと信じて進むのみ。
20キロ地点からの得意の急峻な登りで勝負をかけます。
しかしまだ1位は見えてこない。でもあきらめない。一生懸命テクニカルな下りをこなします。
すると前に人影が。。。男か女か?
近寄ると1位の女子でした!
どうやらもう下りが走れない様子。ここで自分の脚に鞭打って軽快に下り一気に引き離します。
でも私の脚も悲鳴を上げています。もう我慢大会です。
そして最後のロードに出てもまだ安心できないので、痛い脚に鞭打ってゴールまでひた走ります。そしてやっとまばゆいゴールゲートが見えてきました。
サポートしてくれたカツサプのスタッフが待ってくれてます。やっと帰ってきた!
すごい数のフラッシュに迎えられ、最高のゴールを果たすことが出来ました。


今回のレースの2週間ほど前からシンスプリントの痛みがひどくなり、皆さんにご支援いただいたお金で購入させていただいた高周波治療器でギリギリまで治療をしながら、本当に無事走りきることができるのか凄く不安でしたが、皆さんのご支援とご声援のおかげで、優勝というおまけ付きで無事レースを終えることが出来ました。
心から感謝申し上げます。
今シーズンはまだはじまったばかり。これからまだまだ頑張りますので、引き続きご声援のほどよろしくお願いします!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?