2011/07/15 13:40

710日、福島市あづま総合体育館にてワークショップを行いました。

あづま総合体育館は、東日本大震災の原発事故により被災された方々が避難しており、福島市内で最もこどもの数の多い避難所です。今回は福島市内からもこどもが参加してくれました。福島市内も放射線量が多く、こどもたちは外で遊ぶことが難しくなっているようです。


わたしたちの活動が、避難しているこどもたちだけでなく、みんなの遊び場になっていくといいな、と思っています。ちゃぶだいをみんなで囲んで、遊んだり話をしたり、公園のような場所になることを目指しています。


詳細レポートはこちらから

→ http://www.creativeforhumanity.com/kakurega/1305/


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?