2019/11/25 21:06

皆様、ご支援・ご協力、ありがとうございます。

NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の松沼裕二です。

内戦からの避難から時が経ち、人々の中には、テント生活から、地域の避難民キャンプに手作りの家を建て、住んでる方々もいらっしゃいます、

私たちの活動にも協力して頂いている村のご理解により、切り開いた山に小さな家が作られ、点在しています。

NGOでは、そのひとつひとつの家を訪問し、「今、何が必要か」「何が困っているか」「生活の状態はどうか」等を話し合い、それぞれのニーズに合った草の根の支援をしています。

いつか故郷に帰る日が来るのか、それともこのままずっとここで暮らしていかなければならないのか、まだ先は見えていません。

それでも、きっといつかやってくる安心した未来の生活のために、「今」をなんとか生きていかなければなりません。

私たちは、未来へと繋がる、その「今」を支援しています。

皆様、もしよろしければ、私たちに力を貸して下さい。

そして、内戦の被災者の皆に勇気を希望を与えて下さい。

皆様のあたたかいご支援・ご協力、お待ちしています。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?