2019/11/01 12:00

大変お待たせしました!

「ホテル ロマンス座カド」
11月9日(土)より営業開始します

来週のオープンに向けて準備を急ピッチで進めています。


11月9日までに以下のような工事を完了させる予定です。

① 10月の大型台風19号の際に発覚した漏水への対応(窓まわりの防水工事)
② 施工不良でやり直しの水回りの工事
内装の最終的な仕上げ工事

施工不良については、今後のリスクに備えて、12月初旬に追加の水回り工事を実施する予定ですが、オープンには問題なさそうなので、やり直し工事を少し残した状態でオープンさせていただきます。


リターンの発送について

オープンの確定ができたので、リターンを本日発送いたします!
もし数日経っても手元に届かない、ということなどがあればメッセージ等でご連絡ください。

リターン発送やオープン確定まで、大変お待たせしてしまい申し訳ございません。
私たちもようやくオープンできる目処がたち、ほっとしています。

とはいえ、オープンしてからが本番です。
引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします!



オープンイベントについて

なんとか、guest house MARUYA 4周年&Hotel ロマンス座カドオープン記念イベント には間に合わせることができそうです。

直前のご案内になってとても恐縮ですが、こちらのイベントにもぜひご参加ください。


------------------------------------------------------

guest house MARUYA 4周年&Hotel ロマンス座カドオープンイベント

【日時】
2019年11月9日(土)11:00~21:00
(14:00からトークイベントなどが開催されます)

【場所】
RoCA
guest house MARUYA
Hotel ロマンス座カド

【参加費】
無料(フード、ドリンク、各イベントはキャッシュオン制)

【詳細】
Facebookイベントページに情報を流しているので、こちらをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/324407315000890/



上記の画像には載っていませんが、オープニングトークも実施する予定です。

このオープニングトークでは、日本まちやど協会 の代表・宮崎さんをゲストにお迎えして、熱海でのこれからの「まちやど」について考える場ともしたいと思っています。

また、トークセッションでは「ロマンス座カド誕生秘話トーク」なども実施する予定ですので、お気軽に足を運んでもらえたら嬉しいです。


------------------------------------------------------

【14:00からのオープニング・トーク】
まち全体が一つの宿「まちやど」〜地域と旅人の新しい関係づくり〜

「宿から街の外に出てその地域ならではの体験をしたい」「旅先で高級なサービスを受けても、まちとの接点がないと退屈さを感じてしまう」そんな感覚を持つ人も増えてきているかもしれません。そんな中、新たな旅のスタイルが生まれてきました。それが「まちやど」です。「まちやど」とは、まちを一つの宿と見立てて宿泊施設と地域の日常をネットワークさせ、まちぐるみで宿泊客をもてなすこと。それが旅人だけでなく地域にとってもプラスになるような仕組みです。

その「まちやど」をいち早く実践した一人がHAGI STUDIOの宮崎晃吉さん。今も古い街並みが残る東京の下町・谷中エリア。東日本大震災の後、取り壊しが決定した築60年のアパート「萩荘」を最小文化複合施設「HAGISO」として再生させた宮埼さん。そこから派生した宿「hanare」はグッドデザイン賞金賞を受賞し、トリップアドバイザーでも最高評価を得ています。

Machimoriの新たなゲストハウス「ホテル ロマンス座カド」のデザインもしていただいたHAGI STUDIOの宮崎さんをお迎えしてお話を伺います。


ゲストスピーカー
宮崎晃吉(Mitsuyoshi Miyazaki)さん
建築家、株式会社HAGI STUDIO 代表取締役。1982年群馬県生まれ。2008年東京藝術大学大学院美術研究科建築設計 六角研究室修了後、磯崎新アトリエ勤務。2013年より東京・谷中の築60年の木賃アパートを改修した「最小文化複合施設」HAGISOを設計・経営。2015年より町全体をホテルに見立てた宿泊施設「hanare」を設計・経営。2017年より食の郵便局「TAYORI」を設計・経営。一般社団法人日本まちやど協会 代表理事、まちあかり舎 取締役。2015年より東京藝術大学建築科非常勤講師。


【オープンニングトーク詳細】
日時:11月9日(土) 14:05〜14:35
場所:RoCA奥(熱海市銀座町10−19 店舗奥)


------------------------------------------------------

【17:00からのトークセッション】
ロマンス座誕生秘話 

いよいよオープンするゲストハウス「ホテル ロマンス座カド」。

トークセッションの第二部では、このロマンス座カド誕生秘話をお話します。

どのようにこの宿の企画が生まれたのか、実際のリノベーション工事はどうだったのか、そして、このロマンス座カドが目指すものはなにか


①リノベーションの舞台裏(35分程度)
古い物件をリノベーションしていくには課題も山積み。このロマンス座カドも様々な困難もあり、オープンもだいぶ遅れてしまいました。こうした古い物件や所有者、地域の方々など様々なステークホルダーがいる中で、物件をリノベーションしていく面白さと難しさ。

今回実際にデザインで携わったHAGI STUDIOのジョージこと田坂創一さんと、実際の工事を担った建築工芸の太田大翔さんも交えて、ロマンス座カドができるまでの実際のお話もしながら、つくり手の視点からのリノベーションについてのお話をします。

この物件の立地や建物の持つ面白さなども読み解いていくお話とそこからどのようにデザインを発想していったのかというお話もできればと思います。

[登壇者]
モデレータ:市来広一郎
パネラー:HAGI STUDIO 宮崎晃吉さん、ジョージ(田坂創一さん)、太田大翔さん、戸井田雄さん


②ロマンス座カド誕生の物語(45分程度)
このロマンス座カドの構想が生まれたのは1年半ほど前の2018年5月。実はこの企画は、東京の丸の内朝大学というところでの「週末ローカル再発見クラス」という熱海でのフィールドワークプログラムから生まれています。その企画として数時間で物件を活用したエリアリノベーションのアイデアを練るというもの。そこに参加し、この「物語のある宿」というコンセプトも生み出し、このロマンス座カドの最初の芽が出るまでを共に企画してくれた渡辺沙絵子さんと、また、このロマンス座カドのクラウドファンディングも担った岡田良寛さん、そしてmachimoriのまちやどの女将である豊田ちほとともに、このロマンス座カドができるまでと、これから目指していくものをお話していきます。

最後には、市来と豊田で、ロマンス座カドやmachimoriが目指す熱海のこれからの姿をお話します。

[登壇者]
モデレータ:市来広一郎
パネラー:渡辺沙絵子さん、岡田良寛さん、豊田ちほ、


【トークセッション詳細】
日時:11月9日(土) 17:00〜18:30
場所:RoCA奥(熱海市銀座町10−19 店舗奥)

【タイムスケジュール】
ーリノベトーク(35分) ロマンス座カド誕生秘話
 市来、宮崎さん、ジョージさん、太田大翔さん、戸井田雄さん
ー休憩、準備(10分)
ーロマンス座トーク(35分) ロマンス座カド誕生物語
 市来、豊田ちほ、渡辺沙絵子さん、岡田良寛さん
ーロマンス座カドとmachimoriが目指すこれから(10分) 
 市来、豊田ちほ


------------------------------------------------------

オープン記念イベントの全体像については、また後日あらためて詳細をまとめて投稿させてもらいます。

最新情報は、Facebookの イベントページ でお知らせしていますので、フォローしていただけると幸いです。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?