2019/10/17 21:12

こんにちは。

コルクラボ本プロジェクト広報チームのまりこです。

先日終了したクラファン募集、ほんとうに多くの方にご支援、応援いただきました。
ほんとうに、嬉しいです。ありがとうございます。

感謝は止みませんが、みなさまのご支援のおかげで製作を進めることができているので、
その状況についてすこしでもお伝えしていければと思います。


そこで今日は、校正について、です!
━━━━━━━━━━━
校正とは…
【目的】
校正・校閲とは、『客観的に文章を読み、間違いを見つけること』です。

校正 = 制作上のミスを拾う
校閲 = 意味と文字を読む

参考:https://note.mu/akamatsusho/n/n3149514f8c95
 

↑前田デザイン室で製作された「NASU本(ナスボン)」製作チームのあかまつさんのnoteから抜粋させていただきました...!!!
━━━━━━━━━━━

本の製作には校正が必要不可欠。

今回のプロジェクトでコラボをしており、「NASU本(ナスボン)」製作時にも校正経験のある前田デザイン室のみなさんとチームを組んで校正を進めています。


オンラインコミュニティらしく、校正もオンラインで進んでいますので、今日はほんのすこしだけ、その様子をお届け...!

こんな確認が飛び交っています。

〜〜〜〜〜〜

・質問!「わかる」は開くになっているけど、ラボ本のタイトル「分かる」じゃない?中の文章は平仮名で良いのかな??

・「おすそわけ」「おすそ分け」これはどうなるかしら? 好きのおすそわけが文化祭キャッチコピーかと。

・「安全安心」は、「安全・安心」でいいかな?

・「うれしい」と「嬉しい」が原稿によって違うんだけど、そろえた方がいいかな?

・「あたりまえ」はあたり前・当たり前・あたりまえ どれにしたらいい?

・ひもづく ・もとにするは… 物事の始まり→元にする  ex.元あった場所 物事の土台や基礎のこと→基にする  ex.既存のビジネスを基に新規事業を開発 とか文脈によって使い分けになります!

  etc...

〜〜〜〜〜〜


校正も進み、本の完成まであとわずか。

みなさまの応援を励みにしています。

引き続き、応援いただければうれしいです。


━━━━━━━━━━

■あとがき公開中!

▼ある人の弱みが強みのある人の出番をうむ
https://www.sady-editor.com/n/n04f7c53a384c


■仲間からのおすそ分け

居場所について考えた思いを、仲間たちがnoteや漫画でおすそ分けしてくれました。 


▼誰かといたいのに、一人でいたい。
https://note.mu/knkm4lj11/n/n1d9b2e2fa2cd

▼愛に応える
https://note.mu/natsukoni81/n/n9ce89684d524

▼適応障害になって、僕は”生きがい”を取り外していく
https://note.mu/rabbits_karte/n/nad5966693a64?magazine_key=mf83d860daae3

▼「先生、高校辞めることにしました」
https://note.mu/nyankichi1130/n/nb1d179b93d56


▼あなたにとって「居場所」とは?

https://twitter.com/koshinoryou/status/1175379188284416000?s=21

https://twitter.com/koshinoryou/status/1178903935743954944?s=20

https://twitter.com/koshinoryou/status/1177954311382298624?s=20

https://twitter.com/koshinoryou/status/1176105496069033984?s=20

https://twitter.com/tatty24k/status/1180397100137189381?s=20


■製作過程など、公開中

▼「私たちが「居場所のわかり方」についての本をつくる理由」
https://note.mu/note_corklab/n/n7141f13c70cb

▼『居心地の1丁目1番地』が言葉になるまで 〜コミュニティを通した、本のタイトルの作り方〜
https://note.mu/note_corklab/n/neee61e861030

▼想像を超えていく、コミュニティでの本づくり 〜編集長に聞きました〜
https://note.mu/note_corklab/n/n99e1d1622104


etc...

その他にも、仲間たちがたくさんのおすそ分けをしてくれています。

ぜひ、「#コルクラボ本プロジェクト」でチェックしてみてください。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?