2019/09/11 19:21

先日、沖縄から東京まで足を運び、

出版の契約をしている「文芸社」へ伺いました。

これまでお世話になっている、出版企画部の担当の方、そして、実際に原稿の校正を担当していただいている編集部の方、

よりよいものにつくりあげていこうという、内容の打ち合わせや、私の想いを、何時間も聴いてくださり感謝しています。

文芸社から掲載許可をいただいております。

暑いなか、そして貴重な時間をいただき本当に嬉しく思っています。

この写真の扉を出る際、担当者の方が笑顔で見送って下さったことが忘れられません。心が温かくなり、また、いただいた言葉

「この原稿は、どこにもないもの。あなただから書けたもの。」

「文芸社から出版し、世に送り出すことは一緒に考えていきましょう。応援します。」これは、何より大切なものとなりました。

今後も、東京と沖縄と離れてはいますが、連絡を取り出版に向けて取り組んでいきます。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?