2017/06/01 15:47

先日、あるパトロンの方から質問を頂戴しました。

まず、私に本屋以外の収入はあるのか?

さらに、本屋が失敗した場合、あるいは私の身に何かあった場合、店員猫はどうなるのか?

書店業界が相当きびしいと言われている昨今、しかも、繁華街にあるわけでもない店舗で、これから本当に複数の保護猫を養っていけるのか?というご心配でした。

猫を愛する方にとっては当然のご意見です。
(このような懸念を抱きつつご支援いただいたこと、そして皆さんの不安を代弁していただいたことに本当に感謝しております。)

回答を端的に述べますと、会社員は辞めません。勤務中は家族が猫と本屋の面倒を見てくれます。

そして、本屋は自宅兼店舗で始めます。だからいつでも猫と一緒にいます。仮に本屋が立ち行かなくなっても、ずっと猫と一緒にいます。自宅ですから。

後ほど、プロジェクト本文後半の「▼どんな人がやろうとしているの?」に追記した内容が公開されると思います。あわせてお読みいただければ幸いです。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?