2019/09/25 18:21

限界を何度も超えた挑戦の末に気づいたこと



みなさん、お久しぶりです。


クラウドファンディング挑戦から、10日が経過しました。


現在、21人の方から、10万2500円という金額を支援していただいて、達成率も38%まできました。


まず、ここまで支援いただいた方、本当にありがとうございます。



今回の挑戦は、2週間の短期決戦で挑んでおります。


その理由は、たった一つ。


いち早くキッチンカー「オハナ号」を完成させて、たくさんの方に大仏バーガーを届けるため。



10月からは、キッチンカーの業界は、イベントがたくさん行われるため、いわば、かきいれどき。


この時期に間に合うように、8月から、必死に突っ走ってきました。




そんなこともあり、今回のクラウドファンディングの挑戦も、9月いっぱいまでとなります。



気がつけば、残すところ、6日となりました。




ここで、皆さまに、最近の近況報告をします。




色々と報告したいことが山ほどあるのですが、、、




結論から言うと、大仏バーガーは、完全に資金の面でショートし、HPがゼロになりました。





クラウドファンディングが、はじまってから、今までの10日間は、まさに、紛れもなく人生で1番過酷な10日間でした。




それは、1年で1番楽しみにしていた、ニュービレッジ というイベントに出店する準備をしていたからです。



ニュービレッジ は、とりあえず、昨日終わり、今この文章を頭の整理がまっまくできていないまま、とりあえず描き殴っています。




一言で言うと、今回のイベントは、大失敗に終わりました。



敗因は、2つ。


1つ目の敗因は、自分たちのキャパを超えて挑戦したこと。



大仏バーガーとオハナカレーの2店舗出店をしたのですが、当然、パートナーのあやっぺさんは仕事をしながら仕込みをしなければいけません。家のことも、子供の面倒も見ながら。


さらに、大仏バーガーも仕込みをしなければならず、イベント前の準備の1週間は、2人とも3時間睡眠が続き、2人で毎日泣きながら、ケンカしながら、お互いに余裕がなく、お互いを傷つけながら、完全にキャパオーバーな1週間でした。
2人だけならまだよかったのですが、当然、子供にも全然構えなくなり、そんな状況で、子供が、寝る前にぐずりだし、それでまたイライラして怒ってしまい、、、




もう、こんかツライことは一生したくないと思いながら、なんとかイベント当日を迎えました。



イベント当日も、ほぼ寝ずに車を出発させ、イベント会場につき、雨の降る中、なんとかテントを張る。



初日、もうこの時点で、大仏バーガーを販売する余裕なんて、完全にありませんでした。



そんな中、パートナーのあやっぺさんもゆうのすけを連れて電車で来るなか、やっぱりお疲れ模様で、来る途中に、「もうほんまに限界やから、今から全て投げ捨てて帰る」と言いだし、僕はその電話をしながら雨の中テントを張り、、、




誰も悪くないのです。誰もわるくないのですが、ほんとになんでこんな苦しい思いをしてるのだろう?と思いながら、なんとかその場をやり過ごすのに必死でした。



そんな余裕の無い状況が、今回の敗因の1つでした。




2つ目の敗因は、「楽しむ心」を忘れてしまったことでした。



クラウドファンディングとか、いま、色々と挑戦するなかで、忙しく、完全に心を失ってしまっていました。



お金も、あやっぺさんに借金をして、出店の用意もして、「絶対に成功させなければいけない」と意気込み、楽しむ心を失ってしまっていました。




人間だから、しょうがないかなって思うこともありますが、これは本当に、大きな敗因でした。




こんかいのニュービレッジ では、たくさんのことを学びました。




その中でも、僕が大仏バーガーをやっていくうえで、本当に大切なことは、「人を喜ばせること」だと。



この根本を忘れてしまっていたような思います。




これは商売に限ったことではないようや気がします。



加えて、パートナーのあやっぺさんにも、僕は喜んでもらえるような存在だろうか?と。


何か原点に立ち返って、反省しなければいけないことを、たくさん学んだような気がします。






でも、この気づきは、「挑戦」したからこそ、気づけた、宝物です。




大人になって、こんなに挑戦したのは、はじめてでした。




限界点を何度も超えて、大仏ファミリー一丸となって、挑戦しましたが、今回のイベントは、残念ながら、負けてしまいました。



でも、大切なことを学んだので、絶対に次に生かして、来年かましてやろうと思います。




クラウドファンディングまで、あと、6日。




僕は、今日、ほんとうの意味で決意しました。



2つ、決意したことがあるので、ここに記しておきます。



①つめ。


絶対に。何がなんでも、このクラウドファンディングを最期の1秒まで、あきらめず、サクセスさせるということ。

これは、単なるパフォーマンスの宣言ではなく、腹をくくったもの。



必死にエネルギーを使い、挑戦して、負けるということは、非常に悔しいことでした。


ニュービレッジ では、大仏バーガーとオハナカレー合わせて、250食分のフードをロスしました。

幸いにも、オハナカレーは、スタッフの方々の賄いに循環させることができたので、まだよかったのですが、、、


大仏バーガーに関しては、食材が痛んでいたのと、僕が完全に朽ち果ててしまったために、振る舞いという形で大仏バーガーの残り全てを循環させるという思いも果たせず、、、

すべて廃棄となりました。


僕は家に帰り、魂込めて用意した食材たちをゴミ袋に詰めているとき、涙も出ませんでした。



ほんとうに悲しいときって、涙も出ないんだなって。



これは言葉では表せません。自分が作った作品を、自分の手で捨てるのです。



子供を捨てるのと、同じ。




悔しすぎるし、なにより、この現実をつくった自分自信に1番腹がたつのです。




なので、絶対に、今回のクラウドファンディングは、成功したいのです。



クラウドファンディングが、終わる前に、色んな大切なことに気づかせてくれたニュービレッジ に、そして、ニュービレッジ のスタッフの方々に、心からの感謝を送ります。



そして、決意②つめ。



2019年は、アルバイトか仕事を中心に、大仏バーガーの運転資金をつくるという作業に入るということ。



大仏バーガー、今回の大失敗により、完全に資金が、ショートしてしまいました。


いや、今回が原因というより、いつか起こっていたことが、いま、このタイミングで起こったというほうが正しいと思います。


今までは、あやっぺさんの支援により、大仏バーガーの資金繰りは成り立っていましたが、その資金も完全にショートし、大仏ファミリーの資金もショートしてしまいました。



いや、「してしまった」んじゃなくて、僕が「させた」んです。




自分の人生レベルでの大きな気づきでした。



家族を巻き込んでまでこんな苦労をかけてしまって、その上、生活に支障をきたすまでにボロボロにしてしまいました。




自分が情けなくて情けなくて仕方がありません。


クラウドファンディングをやっているから、悲劇のヒロインを演じたいのではありません。



そんなことまじでどうでもよくて、ひたすらに、自分に悔しい。


自分に腹がたつ。


自分が情けなくて情けなくて。




だから、決めました。




引き続き、クラウドファンディングも続けるし、絶対に成功させますが、大仏バーガーがキッチンカー で営業させるのは、少し遅くなるかもしれません。


当初の計画では、10月中には保健所の申請を取り、営業する予定でしたが、、、



保健所の申請はゲットできても、運転資金がないので、その運転資金を、今年中に安定させ、


来年からキッチンカー で営業できるようにするという計画に変更しました。



よって、参加表明していた、尊敬する先輩のイベントも、さきほど出店辞退の連絡をしました。


情けなくてすぎて残念すぎて、言葉になりません。

主催の其の方はクラウドファンディングの応援もしてくれていました。



絶対に皆さまからの、応援金をきちんとエネルギーとして大仏バーガーに注入できるように、今年中は、運転資金を貯めるために、働きます。



ここで、皆さまにお願いがあります。


今、自分がどのような手段で運転資金を集めるか、というのが、まだ明らかになってません。

て、いうか、迷っています。



大仏、こんなお仕事、あるけど、大仏にあってるんじゃない?

とか、ありましたら、一言メッセージ頂けたら大変嬉しいです。


僕は、人前にたつ仕事が向いてるのかもしれません。


みなさん、なにか大仏にいい仕事の情報ありましたら、教えてください。


頭を下げてお願いです。








さて。


泣いても笑っても、クラウドファンディング終了まで、あと6日です。



全力で成功に向けて走り続けようと思います。




あと少しですが、人に喜んでもらえる生き方をしていけるように、突っ走っていきます。


リターンも、もっとたくさんの人に喜んでもらえるリターンを追加も検討しています。



絶対にこのまま失敗では終わりません。



ご支援、応援のほど、よろしくお願いします!





この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?