2019/12/14 20:52

名古屋の小児病棟へメダル・ティファニーを届けてきました。
外科病棟、内科病棟、それぞれのプレイルームでのクリスマスイベント。

集まった子供たちはほとんど点滴といっしょ。
まずは挨拶やマラソンのお話しに続き「走るのが好きな人〜!?」と聞くと「はーい!‍️」と元気に手をあげてくれます。

クイズコーナーでは「マラソンは何時間走るでしょう?」の問いに「2時間半!」とかなり分かっている答えが!
そこで、いっしょに行った女性ランナーに「伊藤さんは何時間ですか?」「6時間半です」の答えに笑いと、逆にそんなに長い時間走るんだと驚きと尊敬の声(笑)

僕が一週間走った場所はどこでしょう?クイズでは、それぞれのどこにあるのか、どんな動物が住んでいるか。
プレイルームには世界地図や本があるからか、結構みんな知っています。
ただし南極に白クマがいると思っている子が多かったけど、白クマは北極です。

答えの砂漠の様子や子供の話をしながら、最後に「来年は南極でペンギンと走ってくるよ!」と発表すると「いいな~」「がんばって!」と応援され、嬉しい〜♪

次に、ぷくぷくバルーンさんの主導でバルーンでリース作り。
バルーンが割れてビックリしたり、ドキドキしながらクルクル曲げたり、みんな上手にできました。

最後にメダルとティファニーのプレゼント♪
女の子はティファニーを首につけて嬉しそう。
男の子はどのメダルにするか真剣。
選ぶ基準もそれぞれで、デザイン、重さ、どこの大会か、どんな距離か、優勝のメダルに惹かれる子も。

お別れの時にも「がんばってねー」と言われ、元気をいっぱいもらった1日でした。
来年は南極の話と共に、また届けに行きます。
ご協力ありがとうございました。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?