こんにちは。春ねむりです。

10月上旬ついに、待ちに待った、「さよならぼくのシンデレラ」MV撮影を決行いたしました!

平日のお昼間で、しかも山中湖のふもとという山の中の撮影だったのにも関わらず撮影見学に来てくださった共犯者の方々ありがとうございました。

撮影は朝からで、監督・加藤マニさんのたててくださった計画のもと粛々と撮影を進めました。いろいろな物を壊したり、燃やしたり、壊せなくてマネージャーが代わりに壊してくれたりしました。楽しかったです。

見学に来てくださった方々とシャボン玉をしたり、撮った映像を一緒に確認して「おぉ〜」となったり、普段のMV撮影とはまた違った雰囲気で楽しかったです。ほんとうにありがとうございました。

お昼ごはんを食べて、午後はみんなお待ちかね!爆発を撮影しました。

一応、クラウドファンディングをやっていたことを知らなかった方もいるかもしれないので、ここで大まかに説明します。

わたしには「さよならぼくのシンデレラ」という曲があって、これはそもそも蔦谷好位置さんがDJをやっていらっしゃったJ-WAVEの番組"THE HANGOUT"最終回で流すリスナーさんへのプレゼントとして、蔦谷さんのトラックにわたしがリリックを書いて制作された楽曲です。もともとが「プレゼント」ということもあり、この曲を配信販売やCDにパッケージして世に出すのはなにか違うと感じたわたしは、それ以外の方法でこの曲をひとの目に入るところに残しておく方法を考えました。それが「MVを作る」という案でした。

単純にMVを作るだけなら、クラウドファンディングをしよう、とは思いませんでした。しかしこの楽曲を「新しいJ-POP」を目指して作ったこともあり、クラウドファンディングを通して、わたしと誰かがひとつの「爆発」=「死、破壊、そして再生」を成し遂げることができたら、とても素晴らしいことだと思ったのです。なので、ここでいう「爆発」とはイメージ上やCG合成によるものではなく、物理的な「爆発」である必要がありました。しかも、それが共犯者ひとりひとりのものである必要があったのです。

以上の過程でわたしはクラウドファンディングを開始し、たくさんの方々に共犯者になっていただき、あの日山中湖のほとりでたくさんの方々のご協力のもと、「爆発」を撮影しました。

 

結論から言うと、「死ぬ」と思いました。

 

ドーーン!と大きな音がしてまもなく、わたしの背中に風がぬめりと吹きつけました。

風だ、熱い。と思いました。この風に呑み込まれて消えてしまうんじゃないか、と思ったのも束の間、ありとあらゆる感想を剥奪するほどの痛みが感覚のすべてを支配しました。戦争や紛争でこういう風に人が死んでいくのだな、としみじみ思いました。

撮影はスローモーションカメラで行われたので、瞬きやできる限りの余分な身動きをしないでください、と言われていたのですが、痛みにびっくりしてつい動いてしまいました。マニさんごめんなさい。

できあがりがどんな風になるのか、とても楽しみです。

 

 

こんにちは。春ねむりです。

04.02(日)代々木公園にてリターンのお花見を開催しました。幸いお天気もよく、お花見日和だったのではないかと思います!

写真は参加してくださった方がツイッターにあげていた桜の様子です。きれいでした♡

みなさんがいろいろなものを持ち寄ってくださって、実に豪華なお花見でした!わたしは唐揚げとポテトサラダをつくりました。みんな完食してくれて嬉しかったです♡

参加してくださったみなさんとたくさんお話ができて、とても楽しかったです~!

こちらがリターン1発目でございました。順次準備しておりますので、爆発共犯者のみなさまもうしばらくお待ちください。よろしくお願いします!

昨日「さよならぼくのシンデレラ」MV制作のためのクラウドファンディングプロジェクトが終了しました。

正直なところ、このプロジェクトを開始する際は、誰もこのプロジェクトに共感なんてしてくれないのではないか、ととても不安でした。しかし、早々に最低目標額を達成し、最終日に予想だにしていなかったほどご支援が伸びました。

爆発共犯者のみなさま、応援してくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました!

今回のプロジェクトを開始するにあたって、わたしはわたしが長年抱えてきた息苦しさに向き合うことになりました。

どうせきいてもらえないだろう。どうせわかってもらえないだろう。

幼い頃からわたしはそういう考えの持ち主で、すぐに黙りこくってしまっては人を苛立たせてしまうことがよくありました。音楽をつくるようになって少しだけそのくせが治りましたが、未だに日常生活や社会の中で、人間関係において、自分の悪いところが浮き彫りになってしまうことは多いです。自分が傷つかないために沈黙することによって、わたしはわたしを守ってきたのだと思います。

今回のプロジェクトをやることは、わたしにとって沈黙とは真反対の意味合いをもちました。そのため、とても怖かったです。けれども、やってみてはじめて、わかったことがたくさんありました。丁寧に言葉を尽くせば、自分が想像しているよりずっと多くの人にまっすぐ伝わるということ。春ねむりの音楽を愛してくれるひとがたくさん居るということ。ひとつひとつがわたしに与えられたうつくしい愛でした。

これからも、ひとつひとつの愛のすべてを取りこぼしたりしないように、言葉を尽くして音楽をつくりたいと思います。

このプロジェクトを通じて、そんなふうに思うことができて、ほんとうに幸せなことです。

どんな作品ができあがるのか、今から完成が楽しみでわくわくしています。みなさんとわたしの愛いっぱいの爆発になりますように。

リターンに関しましては、来週から準備、連絡等々させていただきます。ご不明な点がございましたら、ご連絡ください。よろしくお願いいたします!

このプロジェクトを始めた1月29日、わたしは静岡・清水でライブでした。人がたくさん来てくれたライブで、物販にもたくさんの方が来てくださった日でした。

物販を開始しようと物販席に向かうと、列の先頭に見覚えのある女の子がいました。彼女は以前わたしが茨城にライブに行ったとき、イベントに遊びに来てくれていて「ライブかっこよかったです」と言ってくれた子でした。「お久しぶりです!」と話しかけると彼女は少しびっくりした顔で、そして泣き出しました。驚いてあたふたしてしまい、どうしたのだろう、と思いながら彼女の手を握りました。

「ねむりさんはわたしの最終兵器です」と彼女は言いました。衝撃で時間が止まってしまったみたいな感覚が一瞬して、彼女の白く細い手の冷たさがわたしをその一瞬の永遠から現実へと引き戻しました。彼女の涙ひとつひとつがまるで宝石みたいで、こんなにうつくしい感覚を体験したことがなかったわたしは泣いてしました。

わたしが思春期にきいた大森靖子さんを女神だと思い続け、そのことだけで息ができた夜が何度もあったように、彼女はわたしの音楽をきいてくれたのだと思います。

このプロジェクトを続ける間、度々彼女のことを思い出しました。この爆発に加担してくれたみなさんや、「面白い」と言ってくれたみなさんが、自分の思想に共感しその思想の主体になろうとしてくれること。ひとつひとつのご支援や応援がいつも、彼女の涙ひとつひとつとわたしの中でリンクしました。

1ヶ月半ほど続いたこのプロジェクトもとうとうあと10時間で終了を迎えます。開始の際は、支援してくれる方はいるのかな、とか、そもそも「爆発の共犯者になってください」なんて誰も聞いてくれないんじゃないか、と不安でたまらなかったので、サクセスし、最終日にまだぞくぞくと共犯の方々が増えていくことが、ほんとうに嬉しいです。

最終日にどこまでいけるのか、わたしもまだ知らない未来に胸が高鳴ります。同じ期待をあなたが持ってくれたら、そして、最終日を機にもっとこの「爆発」に加担してくれる方が増えたら、この上なく嬉しいです。

 あと10時間、よろしくお願いします!

気づいてくれた方、よかったら一度プロジェクト概要を読んでいただけると嬉しいです。

残り、12時間

ここから地球をはじめよう。