2019/12/13 21:34

2年前に構想、開発に取り組んできた昆虫発酵調味料「コオロギ醤油」。

愛知県の創業91年の蔵元『桝塚味噌』さん協力のもと、商品化が決定しました。コオロギの豊富なタンパク質を、米麹の持つ酵素で分解し、旨味の強いグルタミン酸などを引き出すことに成功しました。


コオロギ醤油についての詳細はこちら

商品化にあたって使用するコオロギは、コクや香ばしさをしっかりと持つ、上質な国産フタホシコオロギ。コオロギ養殖に取り組む「徳島大学(徳島県徳島市)」と「太陽ホールディングス株式会社(福島県二本松市)」にて愛情込めて育てられたコオロギたちを使用しました。

品質管理を徹底したコオロギファームの様子

そして、同時に、本クラウドファンディングでの先行販売も開始いたします。

濁りを分離したクリアな「うすくち」タイプと、コオロギ感に溢れたオリを混ぜ込んだ「こいくち」タイプ。2種類セットを限定50個ご用意させていただきました。2種セットは今回限定になるかもしれないので、気になる方はこの機会にお早めにどうぞ。

これまで、コオロギラーメンや虫料理ケータリングなど、様々な形で、昆虫食を届けてきましたが、東京が多く、現場に来られない方に届けられないもどかしさも感じてきました。こうした形で商品になることがとても感慨深いです。

最後になりますが、『桝塚味噌』さん、野田好成さん。昆虫という、分野的にも理解が得られづらい挑戦に対し、快くご一緒させていただけること感謝につきます。少しでも魅力、そして個性の活きた醤油を完成させ、世の中に驚きと発見を届けていきましょう。

ANTCICADA一同より


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?