2019/12/25 21:04

こんばんは!
チームコネクション代表、池内です!


今回は動物妖怪のユニオン《シャドウミラージュ》のキャラ、タマモの紹介です!

★タマモとはどんなキャラ?

★プロフィール

名前:タマモ
身長:149cm(耳含まず)
体重:42kg
好きなもの:金、囲炉裏、《ミヤコラクイチ》の高級あんみつ
嫌いなもの:貧困、大きな音、杏仁豆腐、むやみに命を奪う奴(妖怪)

色の特徴:白(カウンター)
攻撃性能:★★☆☆☆
防御性能:★★★★☆
妨害性能:★★★★☆
対抗性能:★★★★★
使用難易度:★★★★☆

小さな島国である《ヒノマル地方》では古来より『妖怪』という人ならざる化け物が
多く住み着いている。『妖怪』はヒノマル地方の人間に恐怖や災いを与えたり
時には人を食したりととても危険な存在としてユニオン連合でも問題視されており
一昔前から討伐隊での討伐も行っているが、一向に妖怪が減る気配はない。
『妖怪』の中でも、人の形をしているが体のどこかに動物的特徴を持った妖怪のことを
《シャドウミラージュ》呼ぶ。《シャドウミラージュ》は人を食ったりなどはしないが
得意の幻術や妖術で意味もない悪戯をしたり、人間から金銭を巻き上げたり、
盗難をしたりとはた迷惑な危害を与えてくる。
大きく立派な耳を持った狐の妖怪「タマモ」は山麓の竹林に住み
通行人を得意の幻術で騙し金銭を奪って生活している。
金銭を奪っては変装し《ヒノマル地方》の伝統ある市場《ミヤコラクイチ》で
高級な食事や高級な織物などの趣向品の買い物などで豪遊しながら暮らしている。
ー《主人公(ボーダー)》は使命を果たすと幸せな人生を送れる。》ー
その言い伝えを聞いた彼女は使命を果たせば彼女の夢である何百人の小間使いがいるような
大きな屋敷や使い切れないほどの大金が手に入る《幸せ》が待っていると思い、意気揚々と冒険へ出かけた。
そして彼女は《他のボーダーを倒せば早く使命を終わらせることができる》
という言い伝えを信じ、他のボーダーへと標的を定めるのであった・・・

ゲーム上の性能としては、対抗カードが非常に強力であり相手のターンに行動することが得意なユニオンです。
相手の行動を対抗カードを使って牽制、そしてじらされた相手がとったビックアクションに対してカウンターして戦況を有利に進めます。
《シャドウミラージュ》はスペルをプレイする際に、プレイコスト以外にも手札を山札の下に置きスペルをプレイします。
チャージと手札、2か所からコストを支払わなければならないためリソース管理は難しいですが、その分強力なスペルが多いです。

タマモはお金が大好きな狐の動物妖怪。
そして《シャドウミラージュ》が使用できる3種類の術のうち、相手に幻を見せることができる「幻術」の達人です。生まれたときから幻術の才能が高く、その才能は人間たちから金銭を奪い取るために非常に有効活用されています。
《シャドウミラージュ》は生まれたての時は人間から金銭を奪えるほどの力を持ち合わせていません。そのため使える程度の力で工夫して食料や住居を確保しなくてはなりません。
タマモはその工夫に乏しく、幼少期にひもじく寒い経験をしているからこそ「絶対に誰よりもぜいたくな暮らしをしてやる」と誓い今のような金にがめつい性格になっております。

以上となります!
今回の記事はお楽しみいただけたでしょうか?
次回の記事もご覧になっていただけたら幸いです!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?