2019/11/24 07:32

「いちばん星牧場」には、現在、アルパカ2頭・屋久シカ2頭・うさぎ8羽が毎日元気に過ごしています。

アルパカ2頭は、新潟県長岡市山古志にある「山古志アルパカ村」から寄贈されました。屋久シカ2頭も新潟県胎内市の「樽ケ橋遊園」さんより寄贈、うさぎ8羽は宮城県角田市の佐藤牧場さんから寄贈されています。アルパカと屋久シカたちは、震災以降、当プロジェクトを継続して支援してくれている埼玉県川越市の団体の口添えで、当牧場に寄贈されました。

この動物たちを面倒見てくれているのが、当プロジェクトに最近入社した群馬県出身の五十嵐茜21歳です。彼女が動物専門学校で勉強している時、研修生として2週間程研修に来てくれました。この「縁」でこの小さな牧場の動物取扱責任者として今頑張っています。

うさぎ3羽には、まだ名前を付けていません。年内に名前募集(カフェ利用券プレゼント?)をしようとスタッフ一同で検討中です。みなさんも是非ご応募ください。

「里山いちばん星」で動物たちにふれあい、すべり台を楽しみ、ソフトクリームを頬張る子供たちの笑顔を楽しみにしています。






この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?