Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会を良くする子どもが主役!世界的イベントWE Dayを日本に!

キャンプファイヤー 寄付型のバッヂ
現在の支援総額
510,000円
パトロン数
49人
募集終了まで残り
終了

現在7%/ 目標金額7,000,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2019/12/26 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトは、2019-10-09に募集を開始し、49人の支援により510,000円の資金を集め、2019-12-26に募集を終了しました

マララさんも出演した、世界15都市以上で開催されている「WE Day」。国内外の社会課題に対してアクションを起こした子ども・若者を招待し、その活動を祝い、発展に繋げるライブイベントを日本初開催!「自らが変化の担い手になれる体験」から、誰一人取り残されない/持続可能な社会を、子ども達と作っていきます。

残り4時間となりました!最後のお願いです。

みなさまこんにちは!フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの中島早苗です。

アジアで、そして日本で初のWE Dayを開催したいという想いを形にするために、数年前から様々な人に相談したところ、たくさんの方からご協力のお申し出をいただき、実際にご支援をいただき、そして、このクラウドファンディングを通じても、ご寄付を頂くなどし、たくさんの方々の温かいご協力を目の当たりにし、本当に嬉しい限りです。


なんとか2020年に開催できる目途がたち、ただ、まだ資金的に厳しいためにこのクラウドファンディングを10月に始めました。本日まで40人以上の方のご支援をいただき皆様の応援をむねに、あとひと踏ん張り資金集めをしたいと思っております。


私自身、中高生のときにボランティア活動に取り組んだこともなければ、子どもが社会に対して変化を起こせると思ったことも考えたこともありませんでした。でも、フリー・ザ・チルドレンを12歳で立ち上げたカナダ人のクレイグくんのことを22年前に知り、「子どもに関することは子ども自身が声をあげて、変えていくべき。なぜなら、子どもには社会に参加する権利があるから。」というクレイグ君のインタビュー記事を読んで、大きな衝撃を受け、「子どもは未来のリーダーだけでなく、今日のリーダーである」というフリー・ザ・チルドレンの理念こそ、日本の子どもたちに伝えたい、と思い20年前にフリー・ザ・チルドレン・ジャパンを設立しました。


団体設立から20年経ち、日本の社会でも、子どもには社会に参加する権利がある、子どもの声を聴こう!という機運が高まり、実際に社会を良くするためにアクションを起こしている日本の子ども達にたくさん出会えるようになりました。


「世界は変えられる」子どもがそう信じられる社会にー。を実現に向け、WE Dayを日本で開催しそのムーブメントを起こしていきたいと思っています。あと数時間、最後のお願いになりますが、ぜひ、WE Dayを日本で成功させるために、このクラウドファンディングの挑戦にご協力頂けないでしょうか。どうぞよろしくお願いします!