これまでの試作品は3Dプリンタで出力した樹脂製のケースでしたが、製品同等のアルミ素材を見てみたい! という声にお答えして、工場で削りだしたアルミ製ケースを作成しました!

 こちらがそのアルミ製ケース。素材がアルミに変わっただけのように見えて、実は以前の試作機と細かく仕様が変わっているところがあります。



その答えはこちら。以前のモデルではカメラの部分にケースを組み立てる際の「割り」が入っていましたが、背面をより美しくするために割り無しの構造としました。こんな細かいところでもちょっとずつブラッシュアップしているのが伝わりますでしょうか。



iPhoneへ実際に装着してみたところ。アルミ版では新たに「iConvex」の文字が左下に加わりました。



背面はラウンドフォルムで持ちやすく、MacBook Airにもぴったり調和するデザインになっています。



巻き尺内蔵で長さを写真に取り入れられる新感覚のiPhoneケース「iConvex」、みなさまの支援はまだまだ受け付けておりますので、興味をお持ちいただいた方はぜひCerevo DASHのプロジェクトページからご支援ください。残念ながら目標額に達しなかった場合は支援全額をお返しする「All-or-Nothing」方式のため、支援したのに製品が手元に届かない、ということもありませんので、みなさまの支援お待ちしております。

iConvex :写真に「長さ」が入れられる!巻き尺つきiPhoneケース - Cerevo DASH
※決済は提携先のCampfireを利用します。また、支援の際にはPayPalのアカウントが必要になります。

コメント