2020/03/30 10:45

【クラウドファンディングの返礼:山の壽蔵見学を実施しました】

今年で4年目となる宗像日本酒プロジェクトですが、昨年初めてクラウドファンディングに挑戦しました。

挑戦した理由は、このプロジェクトを通じて、自然栽培での稲作は難しくないことを広く知ってもらい、自然栽培で稲作する農家を増やしていくためです。

クラウドファンディングの支援品として、普段は一般に公開されていない山の壽酒造の蔵の見学と、支援金で作成させていただきた宗像日本酒プロジェクトの想いを伝えるムービーをご覧になっていただき、山の壽酒造の片山社長よりお酒の造り方やこだわりについて詳しくお話しいただきました。

そのあとは、近くの懐石料理店で季節のお料理をいただきながら限定の無濾過生原酒をご試飲いただきました。

今回のクラウドファンディングにご支援頂いた方は香港で飲食店を営むオーナー様でした。
香港でも日本酒が人気になり、いざ、どんな日本酒を提供するか検討するも、ご自身が日本酒についてあまり詳しくなく、悩まれたそうです。
そんな中、日本酒通のカナダ人の友人から美味しい日本酒を勧められ、日本人である自分が外国人に日本のお酒を教えてもらうなんてなんか違うだろう・・と。

せっかくなら日本酒についてちゃんと勉強したい、と日本酒に詳しい横浜の飲食店オーナーの友人に相談し、日本全国の蔵巡りをし、日本酒について学んでいたのだそうです。

そんな中、たまたまクラウドファンディングでご出身である宗像の日本酒のクラウドファンディングを見つけ、宗像日本酒プロジェクトの思いに共感いただき、今回のご支援につながりました。

お話を聞いて驚いたのは、宗像日本酒プロジェクトのプロデューサーである谷口と同じ中学校出身だったという偶然。
初めてお会いしたとは思えないほど、メンバーとも意気投合し、話は大いに盛り上がりました。

いつか、県外や海外でも宗像日本酒プロジェクトのお酒が飲まれる日が来ることが思い描けるようなそんな楽しい時間になりました。
今後もっと多くの方に知ってもらえるようなイベントの企画もしていきたいと考えています。

現在はまだ新酒の販売は正式には始まっていないということでしたので、改めて販売が始まった段階でお知らせさせていただきたいと思います。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?