2019/12/29 20:51

2019年12月18日より始まりました、映画『シャーマンの娘』クラウドファンディング。
目標金額200万円。
開始10日目で59万円4500円を達成しました!
ご支援頂いた皆様、本当にありがとうございます。
是非さらに輪を広げて頂けたら幸いです。

2020年1月31日まで、と考えると順調と言えなくもないのですが・・・、
いわゆる中だるみ期が恐ろしいです!

そこで、中だるまないよう活動報告を上げていきたいと思います!



さて、まず特報映像について。
映画『シャーマンの娘』は本編とは別に4つの特報映像を制作しました。

撮影は9月末。
まだ夏の暑さの残る昼下がり、主演の木原渚さんに河川敷でバットを振り回して頂きました。
木原さん演じる海花は生まれつき霊感が強く、
バットで幽霊を殴り殺すことが趣味なんです。(どんな設定だ)

いい感じに広々とした河川敷がございましたので、木原さんに「ここで幽霊を殴り殺してください!!」とお願いしました。
幽霊は一般の方々には見えませんので、何もない空間に金属バット(まぁまぁ重い)を振り翳して頂くことになります。

「よーい、スタート!」の掛け声で幽霊(がいるはずの空間)に向かって駆け出す木原さん。
良い走りっぷりです。狙い通り電車もきました。
一発、二発、三発、と幽霊をぶっ叩いていきます。
「幽霊が逃げたぞ!」の監督井坂の掛け声で、再び走り出す木原さん。

その時でした―――。

フルスイングの反動で木原さんがこけました。
その豪快な転倒にスタッフ全員が息を飲みました。
仰向けに倒れたまま微動だにしない木原さん。

「・・・・・・カット!!」

結果、最高の転倒が撮れました。これが本物の転倒でございます。
転ぶつもりなんてなかったのにね。
映画って生き物だなぁと思った瞬間です。
汗まみれ泥まみれでバットを振り回してくれた木原渚さんには本当に感謝です。

それでは特報第一弾、改めてご覧下さい。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?