2021/02/20 18:16

こんにちは。日本工芸株式会社松澤です。
本日、朝比奈工房にて栴檀(せんだん)縅チャーム作りワークショップを実施いたしました!


●栴檀(せんだん)とは?
鎧(よろい)の付属具。右の肩から胸にかけてつける板。鎧の正面の上方の両脇は隙間があるので、敵に矢を射込まれやすい急所。防御する栴檀板が存在した。

今回作成したsamurai card holderは栴檀(せんだん)を構成する縅(おどし)の技術を活用。当該ワークショップでは五月人形で使われるホンモノの栴檀(せんだん)を簡易に1つ作成するワークショップ。

職人、朝比奈さん本人から甲冑、兜人形歴史や背景などを説明し、完成した栴檀をキーホルダーとして鞄やバッグに取り付けれる形状に完成させました!


まずは、甲冑の背景や歴史をお伝えしたのち、本日のワークショップに入りました。

そして、完成をイメージしつつ、組紐の色などを選びます。

”細かい作業で息をとめてやらなきゃ”(参加者女性)といいつつ、だんだんと慣れてきたようです。

職人、朝比奈さんからゆっくりと説明を受けつつ、修正しながら作業を進めます。

兜が見守る工房でのワークショップ。

縅す(組紐を通す作業)際の組紐の”表裏”があり、それに気をつけながら作業をすすめます。細かい作業が続きます。

約1時間半で、栴檀(せんだん)縅チャーム完了!!

栴檀(せんだん)縅チャーム完了後、小箱に入れてお渡ししました。

今回は工房で実施するはじめての試みでした。

職人・朝比奈さんからは”初回いろいろ課題も見つかってよかったです”と。さらに進化させていずらかの方法で継続できればと思っています。


さて、最後にsamurai holderの販売ページが完了しましたのでご案内。

商品としては4種類です。以下の写真をクリックいただくと販売ページに進めます。
リアルでは百貨店での展開を商談中です。



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?