2020/04/24 17:21

本プロジェクトへの応援、本当にありがとうございます。


前回のレポートにて24日到着で届く輸送ルートを模索しているとご報告させていただきました。


結果から申し上げますと本レポート公開日でもあります24日の到着は叶いませんでした。


足踏み状態に等しいご報告となりました事、誠に申し訳ございません。


最短での発送を目指し、大きく分けて船便・航空便2つの方法で模索して参りました。、


最短ルートとなる航空便へ載せるために必要な多数の書類・手続きが相当に厳密で現在も中々ゴーサインが出ない状況にあり、

日中スタッフ間で諸々の条件から判断した結果、手続き面で早くクリア出来ると見込める船便への切り替えを決定しました。


上記踏まえましてスケジュールについても策定し直しました。

本レポートの下部に掲載しますのでご確認ください。



------------------以下が日程変更した上でのスケジュールになります。------------------


1. 部品再調達期間:3/2~3/31(完了)

2. 再サンプル作成:4/1~4/9(完了)

3. 再サンプル品輸送:4/24~5/15(現在)((約3週間を想定))

4. 再サンプル検品、再テスト(日本側):5/16~5/18

5. 初期注文、生産:5/19~5/31

6. 初期注文品輸送:6/1~6/14

7. 初期注文品検品、テスト(日本側):6/15~6/18

8. 量産期間:6/19~7/19

9. 第三者検品:7/20~7/22

10. 中国工場出荷準備(積込):7/23~7/25

11. 輸送期間:7/26~8/18(約3週間を想定)

12. 日本納品:8/19~8/22

13. 検品、出荷作業:8月第5週


------------------------------------------------------------------------


レポートを掲載する数時間~数十分前の間に状況が変わることもございます故、

今回の様に(当然ながら私達にとっても)現状のご期待に添えない内容になってしまう事、

誠に心苦しいと思っております。


最新の情報は今後も継続してご報告させていただきますので、

引き続きよろしくお願いいたします。



今後とも応援、宜しくお願い致します。



代表

渡邊

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?