2020/03/06 15:00


熱狂


この言葉を聞いて、私が思い浮かべたのはサッカーです。

兄の影響もあり、小さい時からボールを蹴って遊ぶような環境で育ちました。小学4年生の頃、私は近所のクラブチームに入って真剣に取り組むようになりました。それまで遊び半分でやっていた私ですが、この頃から「試合に出て活躍したい」「もっとうまくなりたい」そんな思いが徐々に強まっていったのを今でも覚えています。それからというもの、小中高と約10年ほどの期間、サッカーを通してたくさんの経験をしてきました。振り返ると長い期間のように感じますが、本当にあっという間でした。

そんな生活の一部であったサッカーを、高校で部活を引退すると同時に辞めました。

 


「大学生になったら、また自分のやりたいことが見つかる。」


そんな期待を抱いて、私は大学生になりました。けど、実際は違いました。日々の授業や課題に追われ、バイトに明け暮れる日々。いつの間にか、目の前のことをただこなすだけの生活になっていました。大学生活の目標や目的が自分の中で見失い始めた中で、高校の時に興味を持っていた学外活動に挑戦することにしました。

そこで感じたのが、“人との出会い”の限りない可能性です。

学外活動としては、ボランティア、留学そして学生団体MEYです。それらの活動を通して、様々な人と出会ってきました。その時その瞬間で現状の自分に気づきや発見を与えてくれる。自分にもできるんじゃないかと、変わろうと思うきっかけを与えてくれる。そして、そんな自分の姿を応援してくれる。人との交流に、日々温かさを感じてきました。これらの出会いの連続の結果で、今の自分があります。人との出会いが人生を変える。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、私は本気でそう思います。目標や目的を見失い始めた私でも、大学生活で大きいことを成し遂げたい、そんな野心が芽生えてきました。大学生活で何も成果や結果は残せていませんが、このVoltageにおいては、こんなに自分の可能性を広げてくれた“人との出会い”を大切にしたい。そして、これまで、いろんな人にたくさん与えてもらってきたからこそ、逆に自分の活動や行動から何かを与えられるようになりたい。


「Voltage」だったからこそ、熱狂できた。

多種多様な学生や社会人、訪れてくれる方がそう感じてもらえるような唯一無二の熱い空間を、ここ京都に創りたい。

どうぞ、応援よろしくお願いします。

2020年3月吉日

土屋俊輔



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?