2020/03/18 11:05

人生は楽しい!

人それぞれの楽しいがあるが、ここでは自分の楽しいを押し付けたい。
私が思う楽しい人生は、必ずしも熱狂が存在する。

自分が大学二回生のある日、所属団体の代表である田中優大は、急にVoltageというコワーキングスペースを立ち上げると言った。彼は、いつでも急に始め、超特急で走る続けるえげつない行動力を持った男だ。そのような田中優大を本当に尊敬している。そして、田中優大のVoltageの立ち上げ理由を聞いたとき、これだ!と思った。非常に思いに共感したのである。そのような経緯で、Voltageの立ち上げを手伝わせていただくことになった。

これだ!と思った理由は、田中優大の立ち上げた理由が、自分自身の中で、言語化できていなかった自分の大切にしたいことであると気づいたからだ。振り返ってみると、私は、高校のときは本気で甲子園を目指し、毎日を全力で頑張っていた。夢は高校生のときからずっと経営者になりたいという夢がある。その理由はここでは述べないが、毎日が楽しくて仕方ない。その理由を考えたときに、高校生の時から私の心の中には常に熱狂が存在していることが分かった。

熱狂を意味しているVoltageだが、私自身、大学生になるにつれて、熱狂する学生が減っていっている印象を持っている。小学校の時は、授業の際、先生の質問に対して、みんなが勢いよく手を上げ、授業に活気があったが、大学生の授業は誰も手を挙げないし、興味がなさそうな人が多い印象を持っている。小学校のときは、プロ野球選手になりたいとか、サッカー選手になりとか、今の小学生であると、ユーチューバーになりたいとか、夢を、比較的、抱きやすい、そして、語りやすい状況にある。しかし、大学生になると、夢を持つ人が少なくなるし、語る人も少なくなっている。そのような状況に私は問題意識を持っている。大学生になっても夢を追いかけることのできる世の中になってほしい。そのために、私に、できることは、Voltage立ち上げメンバーと京都から、熱狂する夢を持った学生から熱狂を、同心円状に、日本に熱狂を普及させていくことだ。これは、Voltageのロゴマークに思いが込められている。そのような、世界を広めることで、誰もが、夢を諦めずに、熱狂し続ける社会になると信じて、日本一熱い学生が、日本一熱い熱狂を世界にお運びします。やけどにご注意を。。



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?