2020/04/26 21:00

#めちゃくちゃ長くなってます

#久しぶりの言霊です


陸上自衛官以来個人になってから初めての仕事をリモートワークでできる仕事をいただきました。めちゃくちゃ嬉しいです。


前言ってたマダムさまたちのクラウドファンディングの件です。結局ZOOMするごとにそれってクラウドファンディングじゃなくてもいいですよね?となり、いまの段階ではクラウドファンディングをすることをやめました。


話していくたびに、マダムたちのオンラインサロンに僕が完全に気に入っていただき、今回のクライアントのマダムのリーダーに、まるちゃんは、笑顔プロジェクトを私達と一緒にやりたい?と言われたので、マダム好きなのでやりたいですと言いました。お金がはじめていただけるので、自分の価値を提供できるように全力で頑張ります。


クラウドファンディングで生かしてもらった男が初めて仕事を縁がありいただけることになりました。


#ここから長いです

もしよければ読んでいただけば幸いです。

#ウクレレの話は一切してません

よろしくお願いします。


僕は5年間はカンボジアにいます。その次は日本、カンボジア以外の国にもう一度0から挑戦する予定です。


そのために、結果をミスをしてでもカンボジアで残し続けていかないと、ただの放浪人間自分探し野郎になります。絶対に嫌です。


そこで5年後の自分がどう満足するか、どう仕掛けていくかを自分なりにまとめてみました。


まずは、生きていくため、ファーストインパクトでカンボジアで誰もやってないトゥクトゥク1周をクラウドファンディングでさせていただき、箕輪さんがまるちゃんらしく石を売るぐらいシンプルにと言ってもらえたので、石ころツアーにしました。


支援してくれた皆様のおかげ、チームとして走ってくれたミノトゥクチームのおかげ、何より箕輪さんの信用のおかげで達成することができました。今もコロナ収束後、バイクが今はあるのでどうにかしてでも残りの石を探しに行くつもりです。ほんとうにありがとうございます。


前までは、何がやりたいというのがなかったので、目の前の困ってる人を助けたいと思い、デリバリーならできると思い、まるちゃんイーツをしてます。現状としては予約もカンボジアはまだまだ夜のデリバリーは少くて、店で待機してる時間が多いのですが、昨日申し訳なくて、店長にまかないだけ食べてごめんなさいと言うと、スタッフのカンボジアの人たちがまるちゃんがいること、やってくれてるおかげで、めちゃくちゃ感謝してるし、雰囲気がいいからありがとうと、またむしろ俺こそデリバリーが少なくてごめんねと、、、また最近では、店長野村さんのもとにデリバリーしてるまるちゃんってどうい人っていう質問がくるらしいです�。


意味わからないことをやれてるのと、僕らしく僕はこの時点で勝手に自己マンしてます。明後日からデリバリーメニューが開発されて、ここから日本人にRoBaTaのデリバリーを周知してもらうために、多くて2週間までやります。


ここからが真剣に考えてるお話です。

トゥクキラキラクラフトビールイーツバーの話と、カンボジアで惚れた日本人経営者のお話です。


★トゥクキラキラライーツバー

外国人に向けてではなく、カンボジア人に向けてトゥクトゥクバーイーツを8割でやろうと動いてます。


カンボジア人は、ブランドが大好きでカンボジア人にとってトゥクキラキラバーイーツがブランドになれば、あとはシンプルです。


ブランドになる方法は、事業の継続、カンボジア人のハートを射止める、真似されない、真似されてもその先のマネタイズや派生するビジネスアイデアがあるかと思ってて、僕の中で、カンボジア人はパーティや結婚式、BBQをよくするのでそれに呼ばれるであったりかなと今は思ってます。


今動いて考えていること

①トゥクトゥクの荷台

②荷台の置く場所

③バーイーツする場所

④カンボジア人がすきなピカピカのデザイン


僕自身カンボジアにきて、缶ビールも美味しいのですが、クラフトビールで飲むビールがめちゃくちゃうまいことに気づいてしまいました。カンボジア人の今の風習的には缶ビールしかないのですが、それを缶ビールからクラフトビールにするであったり、カンボジア人にエンタメとして、トゥクピカピカクラフトビールイーツを楽しんでほしいなと思ってます。


簡単にいうと、カンボジアに来てるなら、カンボジア人にとって喜ぶものを生み出したいです。


★カンボジアで経営されている日本社長の下で働きたい。


残りの2割のお話です。僕のどこか心の奥の中で尊敬する人の下で潜らせてほしいという気持ちが常々持ってます。


そして尊敬している社長とは、カンボジア1周石ころツアーのクラウドファンディングのスポンサーきっかけでお知り合いにならさせていただきました。


その人というのは、西郷隆盛みたいな存在で、どっしり常に構えていて、めちゃくちゃ家族想いな人です。


めちゃくちゃ前に、昼ごはんをラーメン屋さんで食べてたら、西郷隆盛が家族で来ていて、先に帰られて、僕たちもお金を払おうとしたら、西郷隆盛がお金を払ってくれていました。マジやばい。


その西郷隆盛と来週月曜日に僕からお話聞かせていただきたいと思いメッセージさせていただき、二人でお話してきます。


西郷隆盛=尊敬している社長


こんなことを書くと、ブレブレだったり、地に足をついてないないと思われたり、早く行動しろと思わるかもしれませんが、本当にごめんなさいですが、いまはいろいろな種を巻き、芽が栄えるところで一気に行くです。


クラウドファンディングのお金があるから生きています。そのことを一切忘れずこれからも生きていきます。


たくさんの人がコロナの影響で、大変な時期に自己中な発言、自分の心の中を書いてしまいごめんなさい。僕にはたくさんの人を助ける力も、影響力もありません。だから未来のために今を生きたり、今を生きるために未来を想像していきたいです。


読んでいただき本当にありがとうございました。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?