2018/07/28 02:23

 キャビコモデルズは7月29日(日)に開催される「ワンダーフェスティバル2018夏」に参加します。と言っても参加申し込み期間だった3月には「キャビコ」の「キャ」の字も存在していなかったので、ガイドブック上では「エムアイモルデ」となっているNo.7-40-02での参加となります。

 今回はワンフェス会場で配布する専用チラシも作成しました。内容はもちろん現在絶賛進行中の「発掘大作戦!」に関するものと、リターンキットを生み出した各クリエイターの紹介記事となっております。

 

そしてこのチラシには7月25日までに公開した70点の応募作品も、小さくではありますが掲載させていただきました。

各作品の詳しい内容につきましてはこちら#1-10 #11-20 #21-30 #31-40 #41-50 #51-60 #61-70をご覧ください。

どれも大変な力作揃いで、今から目移りしてしまって大変です。さらに本日までに新たに10作品がエントリーされましたので最終的には100を超える作品が集まるかもしれません。(25日以降のエントリー作品は#71-80をご覧ください)

キャビコにイメージキャラクターが誕生しました!

 そして今回のチラシと7月25日発売のモデルグラフィックス誌の広告に登場している可愛らしいキャラクターに気付いていらっしゃる方もいるかと思いますが、キャビコにイメージキャラクターが誕生しました。その名も「キャビ子」です。

何の捻りもないネーミングはさておき、フレッシュな感じが新規メーカーであるキャビコのイメージにとても合っていると思いませんか?今回のキャラクター作成にあたっては、私(西沢)の一存でイラストレーターの門口ナオさんにお願させていただきました。今回のワンダーフェスティバルではキャビ子のオリジナルポストカードも配布させていただきます!無くなり次第終了とさせていただきますので「絶対に欲しい」と思われる方は是非お早めにお越になってください。

なっちん、クレオパトラのランナー状態モックアップを展示します

 「発掘大作戦!」の話題が先行しておりますが、リターンとなる「なっちん」「クレオパトラ」の試作も着々と進んでおります。ワンフェス会場では両アイテムのランナー状態モックアップも展示させていただきます。

 

注目すべきはクレオパトラの試作品で、特徴的な武器「オベリスクタワー」のパーツがランナー枠を兼ねた状態で配置されています。私も長年プラモデルを作ってきましたが、ランナー枠がパーツになっているモノは正直一度も見たことがありません。常識にとらわれない、いかにもキャビコらしい発想だなと変に関心してしまいました。

また現在唯一店頭で購入出来るキャビコアイテムである「ミニザイン」に関してもイベント限定カラーの発売があります。大河原ファン、イグザインファンの皆さまは是非お買い逃がしの無いようにしてください。今回はイベント特典と致しまして、お買い上げいただいた方にキャビコロゴのチャームをプレゼントさせていただきます。

さらにご希望の方には人力射出成形機を使って実際に射出成形を体験できるサービスもご用意しております。人力とは言えワンフェス会場に射出成型機を持ち込むなんてなかなか普通ではあり得ることではないので、絶対にこれは体験してみるべきだと思います!

そのほか12月の一般発売が決定した「Ⅳ号人型重機」の製品サンプルも展示致しますので、前回のクラウドファンディングに参加された方も、そうでない方も是非実際にご覧になってください。

それでは引き続き「世界中でここにしかないオリジナルクリエイターの作品をインジェクションプラキットに」プロジェクトをどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?