2020/03/18 23:42

オンラインでのコミュニケーション

奈良スコーレでは、オンライン(ZOOM)での活動を始めて、そろそろ3週間たとうとしています。今週の木曜日(明日ですね)が最後で、20日から春休みに入ります。

このオンラインでの活動は、準備期間が半月ほどと短かったですが、子どもたちがいろいろと学び方を考えて教えてくれるので、日々発見が多いです。

今日はその一つ。

オンラインでのコミュニケーションは、その多くが文字と音声になります。

たとえば「あいさつ」では、

朝学校に来た時「おはよう」って言う。

「おはよう」って言う人も居れば、会釈(えしゃく)=身体で表現する人、その他さまざまな「非言語」であいさつを交わす人がいます。

それは、オンラインではなかなか伝わりづらい。

なので、必然的に(?)言葉で話す機会が増えたのではないかと感じています。

それがいいことなのか、ちょっとしんどいことなのか、人それぞれなので決めることができませんが、オンラインにすることで話す機会が増えたのではないかなぁと思っています。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?