2021/09/27 12:05

劣悪環境で飼育する保護活動者。

初めは助けたつもりなのです。

重度の猫風邪で

目は潰れ、よだれを垂らして

そばに居た兄妹は亡くなり

次は自分かのような状態。

脱水が酷く体温も低く

飲んだり食べたりができる状態ではありませんでした。

毎日、点滴とインターフェロンに通い

強制給餌をする。

食べたくない・食べられない子達に

強制給餌する事は

人間のエゴです。

だからとても心が痛みます。

『お願い…食べて…』

『お願い…生きて…』

と。

強制給餌しなければ確実に亡くなります。

何をやっても亡くなる子は亡くなります。

だからこそ、私達は

助かる可能性にかけるしか無いのです。

それしか選択肢は無いのです。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?