2020/07/19 19:13

皆様、いつも応援ありがとうございます。


本日は運営の堀田からメッセージを送らさせていただきます。ASEAN HOUSEに住む多くの日本人メンバーがそうであるように、彼女も学生時代に東南アジアで現地の人々に支えてもらった1人でした。


一部抜粋

ーーー
フィリピン、カミギン島に滞在していた1年間、日本人は1人での生活という不安の中でそんな生活を支えてくれたのは家族のように私を受け入れる現地の人たちの優しさでした。

一人一人の人間との繋がりが私をフィリピン大好きにさせてくれました。

その経験があって、シェアハウスでの共同生活通して、個人の繋がりから国と国を繋いでいくというコンセプトのASEAN HOUSEにJoinしています。


先日、皆さんの暖かいご支援を頂いて、170万円のクラウドファンディングのゴールを達成することができました。本当ありがとうございます!

もっと多くの日本に住む外国人の方々に「日本を好きになってもらいたい。」「日本で楽しい時間を過ごしてほしい」
その想いで残りの1週間、270万円というゴールに向かって走り続けます。

どうかあと少し私たちの背中を押して頂ければ幸いです。
応援よろしくお願いします。

ーーー




是非ご覧頂けると嬉しいです。
クラウドファンディングは残り1週間となりましたが、より国籍に関わらずに暮らしやすいと思える日本社会にするために最後まで全力で頑張っていきます。

もし共感いただけたら、ご支援の程どうぞ宜しくお願い致します。


▼クラウドファンディングはこちら▼
〜国際交流シェアハウス『ASEAN HOUSE』で外国人材と地域の融合を実現したい!


ASEAN HOUSE の応援はこちら!


「もう日本なんて、行くもんじゃない」

ミャンマーで出逢った友人のその言葉に代表佐々はショックを受けました。
特に地方では人手不足が深刻ですが、救世主となるはずの外国人労働者の失踪者は年間で約7千人。会社や地域に馴染めない彼らが心を休め、日本人と交流できる場所があれば少しでも状況は変わるはず。

外国人材と地域が共生できる社会を目指して東南アジア人と日本人が一緒に暮らすASEAN HOUSEを創りました。

これからは1号店の中野坂上店に留まらず店舗を増やしてもっと多くの東南アジア人と日本人の素敵な出会いを創り出していきたい。
『我々の母国、日本』を世界中の人に好きになってもらえる、きっかけ創りがしたい。
国籍に囚われず誰もが共生できる社会を創っていきたい。
コロナ禍で世界が分断されたかのように感じるこの頃ですが、いつかまた世界が繋がる日が必ず来ると信じて、全力で頑張らさせて頂きます!
どうかご支援のほど、よろしくお願い致します。


★お知らせ★

8月1日にはASEAN HOUSE ボーリング大会を行います!
(コロナの感染リスクを踏まえて万全な対策を取った上での開催となります)
7,000円以上のご支援頂いた方は無料で1回イベントに参加にして頂けますので、是非この機会に日本に住む外国人の方々と親睦を深めて頂けたらと思います。
ご興味があられる方は以下のFacebook から参加登録をよろしくお願い致します。


イベント参加はこちらからお願いします!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?