2020/06/17 19:00

セーバーイーツ茨城の戸田です。

今日も活動報告を開いてくださり、ありがとうございます。


5月25日に旬の台所 連根屋さんのお弁当を持っていった

守谷慶友病院様からお礼のお手紙が届きましたので紹介します。

A4が何枚も入っていました!

読みながら、うううう・・・と泣きそうになりましたよ・・・


「全員が満面の笑顔で・・・・」

応援が伝わってよかった・・・!

「医療の仕事についていてよかった」と・・・私も涙腺崩壊・・・


お弁当は気分転換になり、

皆様に笑顔を届けられたとわかり、うれしい限りです。

お料理の感想もたくさん書いてあったので、

どんなものか紹介しますと・・・


お野菜と卵は

石岡市で有機野菜とを作っている農園さんから

寄せられましたものを使いました。

この日は宮崎から取り寄せてた

「生で食べられるとうもろこし」も入っていました。

れんこんのはさみ揚げは

えびと牛肉(カレー味)の2種類が盛り込まれています。

この時は季節のご飯は「うど」ですが

今はとうもろこしに変更しています。

別添えの味噌汁は、店主の信念の一つである

「食材を無駄にしない」ことから、

花人参の周りなどの野菜の余り部分を煮込んで作った

特製野菜出汁をペーストにして、熊本の麦味噌に合わせています。

実はすごく手間のかかったお味噌汁で、

褒められると店主がとても喜びます。

季節を忘れるほどの忙しさで働く皆様に

「旬の味」が届いて、私までうれしいです。

ご丁寧なお手紙ありがとうございました。

いただいているお手紙は

あとでまとめてファイリングして、

支援者の皆様がご来店してくださったときに

見れるようにしようと思っています。

今日も読んでくださり、ありがとうございました。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?