2020/12/12 11:29

こんにちは、セーバーイーツ 茨城の戸田です。

終わってからかなり経つのにまさかのまた活動報告です。

(前回の守谷の慶友病院さんのクラファンにもご支援してくださった

支援者様がいてうれしかったので、つい・・・)

________________

今日のテーマは3本。

1)プチセーバーイーツ「できることを探す」


2)医療と経済の両立「GOTOお取り寄せ茨城」


3)確定申告前に応援金でエールと駆け込み節税


________________


1)プチセーバーイーツ「できることを探す」

先日、牛久市の連根屋さん(セーバーイーツの和食担当)の店主から電話。

「レンコンチップスを医療機関に届けたいから手伝って」

ということで、いそいそとお出かけしてきました。

近隣の病院3ヶ所に発送しました。

セーバーイーツでお弁当を届けた時に言われた忘れられない言葉があります。

「差別されてると思って戦々恐々とした気持ちでいたけれど、

こうして自分たちが暮らす地元の人たちの中には

応援してくれている人がいるとわかったのがうれしかった」

きっとこのチップスも店主・佐藤さんの思いが届くといいな。

・・・・・

勝手な推測で下世話ですが、稼ぎどきの忘年会にキャンセルが相次ぎ、

経営的には相当しんどいはずです。

でも、佐藤さんは「自分にできることを探して」

「できる範囲」でやっています。

セーバーイーツに限らず、できることを探して、

できることをやれる人が増えれば、

確実に世界は変わると私は思っています。

例えば、私の住む阿見町では「フードドライブ」の活動をしている団体がいます。

フードドライブとは、家の不要な食料を集め、

経済的に困窮した家庭や養護施設に届ける活動です。

お歳暮でいつももらうけど食べきれない缶詰や乾物、

使いきれないサラダ油や醤油・・・そうしたものでも大丈夫。

ボランティアのための出費は厳しいけど

こうしたことならできる!という方も多いのではないでしょうか?

・・・・・

2)GOTO お取り寄せ茨城!

コロナ感染拡大とGOTOの因果関係が問われる日々ではありますが、

経済を回す!というのは実は自宅でもできます。

茨城県産品お取り寄せサイト

20日まで2割引&送料無料です。

その割引と送料は茨城県の支援で事業者への負担はありません。

この機会にお歳暮をここで取り寄せてみるというのも

茨城の経済を回します!

セーバーイーツの洋食担当・レストラン中台さんのカレーもこちらで買えます。

(ここで売ってる猫ちゃんの食器セットが欲しい・・・)

・・・・・

3)確定申告前に応援金でエールと駆け込み節税

茨城県では医療従事者に特別手当を出すための

「茨城県新型コロナウイルス感染症対策医療従事者応援金」を募っています。

https://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/jinzai/ishikakuho/covid-19taisakukikin.html

この制度のすごいところは

1)カード決済ができる(税制優遇は納入通知書振込のみ)

2)税制優遇

(寄附金から2,000円(寄附者負担額)を除いた額が,所得税と住民税より,合わせて一定の限度まで全額控除されます。法人は寄附金全額を損金算入することが可能です。)

3)応援メッセージを書ける

と言ったところです。

セーバーイーツの時に領収書をご希望される方もいらして

中には会社で支援したいとおっしゃる方もいました。

これなら、節税にもなりますので、リンクをご確認ください。

・・・・・

最後に

誰しもが、しんどい一年だった2020。

支援者の皆様におかれましては、自分の中にある正義の存在を

感じた一年になったのではないでしょうか。

支援しましょう!とはもう言えない時代に突入してきました。

自分の正義と現状の折り合いがつかずに

ストレスになることもあるかもしれません。

そうした中で私たちが等身大でできること、

一緒に考えていけたらと思います。

最後になりますが、感染予防し、健康を維持するのが

医療従事者への最大のエールです。

そして、私たちが支援活動をしなくてすむ世界になることが

何よりも一番の願いです。

拙い文章を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?