2020/06/10 16:55

先日、コオロギビールを仕込みに、埼玉県所沢にある「所沢ビール」さんへお邪魔してきました!

ANTCICADA初のビールづくり


大ロットでの初のコオロギビールづくり。

僕らにとって、これから大事に育て上げ、大勢の人たちに届けていきたい、大切な商品作りの第一歩がようやく始まりました。


まず最初に、所沢ビールの代表、緒方 聡さんから衛生面の注意や今日の行程説明を受けて、仕込み開始。

ビールの命、麦芽をタンクに投入。

美味しくなれ、と一心に思いみんなで作業に徹します。
麦芽とお湯を混ぜ合わせ、「糖化」を行い、ビールの基となる「麦汁」を造ります。


心を込めて、タンク内をかき混ぜる。


そしてお待ちかね、コオロギの処理。
乾煎りすることで、コオロギが持つ香ばしさを最大限に引き出します。

乾煎りしたコオロギたち
乾煎りしたコオロギを煮出し、濃厚なコオロギの出汁をとり、麦汁に投入。
唯一無二の味わいを目指し、発酵を開始しました。

完成は、7月上旬頃。

大切に仕込んだ素材たちが、これからどう育っていくのか。
ビールの完成が、今から楽しみでいっぱいです。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?